読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スピリチュアルナンバー33な生き方~私らしく思うがままに生きること~

誕生数秘術によるエンジェルナンバー33。自称「抑圧された表現者」が魂の伴侶と出逢い、心を解放していくブログ

自分を後回しにすると、彼にも後回しにされるの法則

こんにちは。ゆうです。

 

昨日、ブロックする宣言をしてからというもの、

すっかりご機嫌な私(笑)

 

ylifestyle.hatenadiary.jp

 

これってね、実は彼がわかってくれたから

ご機嫌なワケではないんです。

 

だって、そのうちまた、会話も少なくなるだろうって

先読みしてるし。

 

そしたら、またブロック宣言ですけどね(^。^)y-.。o○

 

私が心の底で思っていることを、

私が自分で意思表示した。

 

これがとっても大事だってことに気づいたんです。

 

あー、心の声を聴くってこういうことなんだなあって

初めて腑に落ちました。

 

ちっちゃなちっちゃな心の声は、

がっちがちな鎧をとらないと聴こえてこないんですよね。

 

それは、見栄だったりとか体裁だったりとか。

 

大好きな彼の前ではかっこいい自分でいたいし、

可愛い自分でもいたい。

 

でも、作ったかっこよさも可愛さも、所詮、偽物。

 

ほんとに大切にしたいと思う人の前では

なーんの役にも立ちません。

 

 

その昔、彼はかっこいい私が好きで、

ぐーたらな私は嫌いだって思い込んでました。

 

だから、彼の前にいるのがだんだん辛くなって、

一緒にいられなくなったのですが、

 

再会して昔のことを話すと、

彼も、まったく同じようなことを思っていたわけです。

 

私の前では、かっこいい自分でいたい。

年上の男たるもの、弱い自分は見せられない。

 

就職後、初めて現金支給でもらったボーナスを

全額落として無くしたことも隠してたし(笑)

 

仕事で辛くて先が見えなくなってても、

私にはそんなこと、ひとことも言わなくて。

 

もし、少しでもわかっていたら、

支えたかったって思いました。

 

でも、そんな私も隠しっぱなしだったので、

似たもの同士。

 

再会してすぐの頃、疲弊していた彼をとにかく笑わせたくて、

ひたすら昔のドジネタを書いてはメールしていたら、

 

「こんな人だとわかってたら、あの時、絶対手放さなかったのに」

 

って言われました。

 

えーっ、そこなの???

 

自分に見切りをつけて、颯爽と姿を消した、くらいに思ってたんですって。

こっちは泣く泣く連絡を待っていたのに。

 

もう、お互い、どんだけ相手を理想化してるんでしょうねえ。

あばたもえくぼにも、ほどがある。

 

素直に好きって抱き合えば、それで解決するものを。

 

ややこしくしているのは、ほかでもない

当の本人たちなんだなって、つくづく思いました。

 

 

あと、今回、もう一つの進歩は、連絡くれなきゃブロック!

とか言っちゃう自分が、めっちゃ可愛いって思えたこと。

 

だってね、

50歳の女が、彼から1日連絡が来ないだけで拗ねるんですよ(笑)

 

それを堂々とやってのける自分がおかしいというか、

そこまで彼のことが好きなんだなあって思うと、

なんだか可愛くなっちゃって。

 

少し前までは、仕事で忙しい時に、

こんなことで駄々をこねて、私って大人じゃない。

彼に負担をかけてダメじゃん。

 

って、ダメ出ししてたんですよ。無意識のうちに。

で、結局、自分の心の声を無視していたんです。

 

そのうち波が去れば、気も紛れますけど

結局、自分が自分のことを後回しにすると、

彼にも後回しされるんです。

 

まあ、今回がいい例で、彼にとっての

私の優先順位を上げるには、これからコツコツですね。

 

と言っても、彼にアプローチ、ではなくて、

自分の心の声に忠実に行動。これだけです。