読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スピリチュアルナンバー33な生き方~私らしく思うがままに生きること~

誕生数秘術によるエンジェルナンバー33。自称「抑圧された表現者」が魂の伴侶と出逢い、心を解放していくブログ

遊郭から来た女

こんにちは。ゆうです。

 

先日、私の人生のキーパーソンである友人に、

「私ってさー、前世で遊女だった時代があると思うのよ」

って話したら、爆笑されました。

 

※人生のキーパーソンの友人についてはこちらを↓

ylifestyle.hatenadiary.jp

 

いやいや、そこまで笑わなくても・・・

と思っていたら、彼女は「遊女」という言葉を知らず、

ただただ字面から「男性経験の豊富な遊び女」と思ったようで(^^;

 

そもそも、そこかいっ!

と、関西人気質で、丁寧につっこませていただきましたm(__)m

 

たしかに、なぜか一時期「恋多き女」とか

女の一生」なんて小説を書けばいいとか

周りから好き勝手なことを言われていましたが、

どちらかというと、無防備というか、不器用といったほうが

近いんじゃないかと、私自身は思っています。

 

学生の頃、数人で雑魚寝したら、迫ってくる男とか ← 当たり前?

なぜか勘違いして、そういう行為に及ぼうとする男とか ← これも当たり前?

 

あー、男って所詮、そういう生き物で、

私の意志なんてお構いなしなんだなって、

どこか冷めたところがありましたね。

 

ただ、その場の欲求を満たすことができれば、それでよいと。

 

もちろん、お付き合いなりしている状況で

そういうことになっていたわけですが、

どちらかというと、

 

もう、しょうがないなあ・・・

では、姐さんがお相手して差し上げましょう。

 

くらいの勢い。妙なところで姐御肌を出してしまうところがありました。

たとえ意にそぐわなくても。

 

もはや、ご奉仕の世界です。

 

私は昔から自己肯定感が高いと思っていましたが、

こと性のことに関しては、

まったく自分を大切にできていなかったというか。

大半は、やりきれない思いを抱えながら

体を投げ出しているような感じでした。

 

断りきれない自分と、

愛することを受け入れられない自分。

 

もう、一生そういうことはしなくていいわ、って思っていた頃、

ツインの彼と再会し、彼の深い愛情すべてを受け止めることで、

そういった女性性の部分も、

根底から癒してもらうことができたと思っています。

 

彼は、ずっと私の準備が整うまで、

若い頃から待ち続けてくれた人でしたし、

女性は神々しい存在と思っている稀有な人でした。

 

やっと、私の心ごと身請けしてもらえた

そんな感じでしょうか。

(実際の遊女は、身請け後も大変だったみたいですけどね(^^;)

 

男の人に対して期待しない、というのは、

ほかにも原因があるのですが、

それはまた別の機会にお話しするとして。

 

日本における性教育は、まだまだ遅れているし、

性の文化においては、とっても歪んでいると、私自身は思っています。

 

だってねえ、嫌とか痛いとか言ってても、

そのうち気持ちよくなるとか、嫌よ嫌よも好きのうちとか。

 

痛いもんは痛いに決まってるじゃないですか。

ばっかじゃないの?

 

そんなの、大人の欲が絡んだAVの世界の作り物。

まっとうな道筋をたどらず、AVでテクニックを学び、

実践する男性ばかりになったら、

極端な話、少子化まっしぐらですよ。

 

男性が一方的に悪いと言ってるわけではなく

もっと性に関して語るべきだと、私は思うんです。

 

女性ももっと学んで、ともに作り上げていく。

女性は子供を授かるという大切なお役目ももっているわけですし、

男性だけに任せてちゃだめですね。

 

SEXの話は秘め事で、ともすると汚らわしい・・・

そんなだから、性被害に遭っても泣き寝入りする人が後を絶たないし、

被害に遭った側が好奇の目にさらされたりするんです。

 

性の話って、本来は美しく、

神々しくすらあるものだと、私は思います。

そう思えるようになった、というのが正しいかな。

 

愛する人と心も体も結ばれる、

エネルギーの交換をする、

お互いのすべてを受け入れる。

 

本当に、神秘的で、ステキなことですよね。

 

遊郭あがり(?)の私が、これまでの歪んだ価値観を

ばっさりぶった切ってやろうと、今、密かにもくろんでいます。