読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スピリチュアルナンバー33な生き方~私らしく思うがままに生きること~

誕生数秘術によるエンジェルナンバー33。自称「抑圧された表現者」が魂の伴侶と出逢い、心を解放していくブログ

ツインソウルとの軌跡 ~私の場合~

若干夏バテ気味、ゆうです。

 

ブログのアクセス解析というものがあるのですが、

たまたま確認したら「ツインソウル」で検索してくださったかたが多いようで。

 

私自身、昨年の秋、初めて「ツインソウル」という言葉を知り、

 

ツインの彼と私の33年に渡る不思議な関係が

やっと紐解かれた?

 

と、心を躍らせたものです。

 

出会いから今まで、あまりにも長いので、

ここで詳しく書くのは差し控えますが、

一般的にいう、ツインソウルのたどる道筋と重ねてみようと思います。

(ちょっと区切りが曖昧ですが、ご容赦を)

 

第1段階:認識(出会い)

 

あり得ないことの連続で、高校2年生の冬に彼と出会い。

1か月半後に彼は就職で地元を離れ、連絡先すら知らなかったのに、

1か月も経たないうちに離職して、たまたま再会。

 

彼は初めて会った時から、私に対して、何か違う感覚があったそうです。

「緩やかなひとめぼれ」と表現してました。

 

 

第2段階:テスト

 

リベンジ就活中の彼に恋心が芽生え、就職直前に私から告白。

 

彼は、自分が就活中だったこと、

私が受験生だったことから気持ちをセーブしていたけれど、

私の可愛さと健気さのあまり(笑)付き合うことに。

 

 

第3段階:危機

 

でも、結局、お互い格好つけて本音を言えなかったことから、

すれ違いが生じ、20歳目前で、私が絶縁状を叩き付け(笑)

 

ちなみに、私にとっては、SOSの最終手段だったんですけど、

彼にとっては、単なる絶縁状だったようで(^^;;;

 

以来、連絡が途絶え、

私は別の男性とドロドロのお付き合いに・・・ふう。

 

 

第4段階:ランナーとチェイサー(分離)

 

2年後に再会するも、彼は私を完全に拒絶。

そりゃそうですよね、こっぴどくフラれたと思ってるわけですから。

私も素直になれず、彼を責めました。

 

で、そのわずか2か月後、

今の奥さんが引き寄せられるかのように現れ、

よりを戻したかったはずが、結果、彼の恋愛相談にのるはめに。

 

お相手が年上だったので、早く結婚したほうがいいってすすめてました。私。

あほです。

 

そのおかげ、というわけでもないですが

(そもそもお見合いのようなものだったので)

彼は、半年後、めでたく結婚したのでした。

 

その後、彼は転勤で遠くに行ってしまい。

 

まあ、当時は結婚した相手を追いかけるような女ではなかったので

区切りをつけたはずだったのですが、

 

最後に会ってから3年後、たまたま私の出張に絡めて、

突然連絡をしたら、運よく会えることになり。

 

ただ会いたいだけだったのに、ふたを開けてみると、

ハグされてキスされて・・・の複雑な関係。

 

これって、まさかの美味しいとこどり?

 

当時、私は独身でしたから、

なーんか都合のいい女になってるなあと思いつつ、

それでも好きだったので(^^;

 

帰省してきては、電車待ちの30分間のついでに

私を呼び出す彼に、夜な夜な付き合うことが2、3回ありました。

 

 

第5段階:手放す(浄化)

 

その後、私も結婚し、今度こそ区切りをつけ、

ほぼ音信不通状態が約20年。

(一度だけ、私が事務的な手紙を送ったことがありました)

 

その頃は、あんな美味しいとこどりの浮気男、

結婚しなくてよかったって思ってました(笑)

 

あとあと話してみると、私と離れてからは、

奥さんと結婚するまで、誰とも付き合っていないし、

冷静に考えると、浮気するようなタイプでもないんですよね。

 

家族には草食系と言われているらしいし(おいおい)

 

まあ、なにかしら理由をつけて、

彼のことを諦めたかったというのは、あったと思います。

 

 

第6段階:目覚め

 

音信不通状態のとき、私自身は、時折彼のことを思い出していました。

 

仕事の兼ね合いもあって、

心理学やスピリチュアル系のことに

関心をもつようになったのも、この時期。

 

振り返れば「自分とは?」とか

「使命とは?」みたいなことも考えていたと思います。

 

彼は仕事や家族のことで追い詰められて、

しんどいだけの人生ならいらないと思っていた頃。

 

お互い、一緒に過ごした場所に行けば、相手を思い出し、

想いを馳せていた時期でしょうか。

 

彼は、私が事務的に出した手紙に返事をしそびれたことを悔いていて、

私の実家に訪ねていこうかと思ったこともあったそうです。

 

そんなことあろうものなら、さぞかしびびったでしょうね。

 

私自身は、どれだけ「結ばれなくてよかった理由」を考えても、

結局、理屈抜きで彼が好き。

もう降参しますってところまできてました。

 

 

第7段階:調和(再会)

 

約20年の時を経て、まずはFacebook上で再会したわけですが、

当時は、不思議なくらい、いい思い出しか残っていなくて。

ただただ、相手への感謝と、無償の愛だけが残っていました。

 

といっても、当然、それだけでは済まなくて、

再会の喜びを一通り堪能し、距離感がつかめた段階で、

あの時は・・・って、私がひとつずつごねていくんですけど(笑)

 

いわゆる感情の浄化を彼にお手伝いしてもらったわけですが、

彼のキャパが半端なく広がっていて、

どんな私も受け入れてくれましたね。

 

私は・・・というと、疲弊しきっている彼を支えたいって

ひたすら笑わせることしか考えてなかったので、

あとは何もしてないのですが(^^;

 

いつのタイミングだったか、

「彼の愛が開いた」という感覚はありました。

 

そうなると、ぶれないですねー。

 

ぶれないってわかっているから、

言いたいことも、思いっきり言えるようになりましたし、

本気でわかり合いたいから、体当たりもできるようになりました。

 

ほんと、ありがたいです。

 

そんなこんなで、私たちは、

今、第7段階で調整中なのかな、と思います。

 

あくまでも私の感覚ですが、段階が進んだからといって、

突然、目覚めました!というわけでもなく、

何度も何度も試し、繰り返し、揺るぎない関係性を築いていく。

 

そんな気がします。

 

相手のことを、ツインソウルと思うくらいですから、

根底の部分は、繋がりまくっているんですけれども、

人生のほとんどを別々に過ごしてきて、

そのまま「はい、統合♡」は、ないですねー(笑)

 

お互い経験してきたことを共有する中で、さらに高め合い、

無限の幸せと喜びを感じる。

 

それでこそ、ひとつの魂が、

わざわざふたつに分かれた意味があるというものです。