読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スピリチュアルナンバー33な生き方~私らしく思うがままに生きること~

誕生数秘術によるエンジェルナンバー33。自称「抑圧された表現者」が魂の伴侶と出逢い、心を解放していくブログ

自分を肯定するきっかけ

こんにちは。ゆうです。

 

先日、ブロック宣言をしてからというもの、

コンスタントに連絡をくれるようになった彼。

 

ylifestyle.hatenadiary.jp

 

相変わらず仕事は忙しそうですが、

私ってとっても単純なので、会話さえできれば気分上々(笑)

 

昨日も、ブログを書いた後、どうしても伝えたくなって

 

「いつもありがとね。愛してるよ」

 

ってメッセージしました(#^.^#)

 

彼は、私と再会するまで、自分には価値がないとか、

自己否定のかたまりのような人でした。

 

私自身は、少々夫と喧嘩しようが、夫の人間性まで否定することはないし、

学生のころからずっと見てきて、

 

いつの間にか成長したなあ。なかなかやるじゃん。

 

と思っているくらいなので。

 

昔、私から見れば、眩しく思えるほどキラキラしていた人が、

どうして家族にも尽くし、寝る間も惜しんで仕事しているにもかかわらず

そんなに自己肯定感が低いのか、意味が分からなかったんですよね。

 

話を聴いていくうちに、当時の環境が

彼の良さをまったく受け入れてくれなかったこと、

 

鈍感になることで、壊されそうになる自分の身を守っていたことが

わかってきました。

 

家族にも、そんな弱い自分を見せることができなかったんでしょうね。

むしろ、仕事が忙しすぎて、家庭を顧みれないという負い目があってか

尽くしすぎると思うくらい尽くしていました。

 

なんだか、ひとりで頑張っていて、

見ているこちらが切なくなってしまうほど。

 

昭和の体育会系だからか、

自分に負荷をかけてなんぼってところもあるみたいですね。

 

 

再会して1か月ほどした頃、酔った勢いを借りて、

私に対して、初めて「愛してる」と言ってくれた彼。

 

私も既婚の身でしたし、それまで「愛してる」だけは、

言ってはいけない言葉だと思っていたから、

彼が一歩踏み出してくれたことで、

そこからはひたすら、彼に愛情を注ぎ続けました。

 

愛してるよ。

私にとって、唯一無二の人だよ。

そのままでいいよ。

いてくれるだけでいいよ。

すべて受け入れるよ。

ずっと支え続けるよ。

ずっと守り続けるよ。

ずっと寄り添っているよ。

 

受け取り下手な彼は、

どうしてこんな自分にそこまでしてくれるんだろうって

最初の頃は思っていたそうです。

 

支えたいって言われたのは初めてで、

心が震えたとも話してくれました。

 

少し時間はかかりましたが、私の揺らぎない気持ちが

徐々に伝わっていったのか、

心を開いてくれるようになったんです。

 

今では逆に、

 

そこまで信じてくれる?

 

って思うくらい、信じてくれています(笑)

 

 

ただ、今から思えば、最初の頃は、

 

私が彼を救わなきゃ!

 

っていう、ちょっとした驕りもあったんじゃないかと思います。

 

彼は心が開いてからというもの、常に安定していますが、

私は、トラウマやら嫉妬心やら、まあいろんなものがでてきて

そのたびに、彼に当たり散らし、フォローしてもらってきましたから。

 

なーんか、激しいんですよね、私ったら。

 

だから、彼にしてみたら、

自分の対応は、ほぼほぼ変わっていないはずなのに、

私の勝手な妄想で振り回されて、大変だったろうなと思います。

 

まあ、そこは姫対応で生きることにしたので、

許してねってことで(^^;;;

 

 

彼が私に与えてくれたものは、

私が彼に与えたものよりも、何十倍も大きいような気すらしています。

 

お互いに、自分自身のすべてを肯定できる

きっかけになった存在なのかもしれません。

 

だから、姫対応はしてもらうけど(笑)

私も彼には、気持ちだけ殿対応でいこうと思います。