読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スピリチュアルナンバー33な生き方~私らしく思うがままに生きること~

誕生数秘術によるエンジェルナンバー33。自称「抑圧された表現者」が魂の伴侶と出逢い、心を解放していくブログ

33年目のプロポーズ

こんにちは。ゆうです。

 

もう1か月以上前のことになりますが、

約3か月ぶりに、ツインソウルの彼と会ってきました。

 

私たちは、お互い既婚者で、会うにも片道2時間はかかる距離。

家庭のことがあったり、仕事のことがあったり、

頻繁に会うのは難しい環境ではあります。

 

再会して、お互いの想いが確認できた頃、

やはり一番に考えたのは、お互いの家族のことでした。

 

でも、不思議なくらい、罪悪感はなく、

むしろ、想いを断ち切ることのほうが、

いろいろな意味で不自然のように思えました。

 

このタイミングで再会した意味を、何度も何度も考えました。

 

彼とも何度も話をして、

「誰も悲しませることがなければ、一緒にやり直したい」

と確認し合ったのが、2年ほど前のこと。

 

その時も、それからも、

運よく、もしそういう流れになればそうしよう

という程度にしか考えていませんでした。

 

今年の4月から、私自身の人生の方向性を定めるためと

このあたりで、人の手を借りて加速させたい

という気持ちで受け始めた個人セッション。

 

6回に渡る、過去、起こった出来事の棚卸しの後、

 

「あなたが本当に望むものはなに?
着地点はどこ?」

 

と確認され、つきつめていったら・・・

 

「彼と一緒に住む」

 

でした。

 

これには、自分でもびっくり。

 

それまでの私は、何かしら理由をつけて、

決断することができなかったんです。

 

・私が変わらないと、彼は変わらない

・近くにはいてほしいけれど、一緒に生活することはイメージできない

・彼が今の家庭を手放せるわけがない

 

でもね。

 

私が変わらなくたって、彼は変わることもあるし、

すべてあり得ることなんです。

ただ、私が逃げていただけ。

 

本音を言葉にできた時、

なんだか急に、目の前が明るくなったような気がしました。

 

それから1か月後、

彼と会って、私の気持ちをそのまま伝えました。

 

「将来、一緒に住むって決めたから。

今日は、プロポーズしに来たの」

 

彼は相当驚いていました。

私が家庭を大切にしていることは、重々承知の上だったから。

 

でも、一方で、私がそういうふうに言い出すのを、

どこかわかっていたようにも感じられて。

 

彼は確証がもてないことは口にしないので、

「長生きしなきゃ」とだけ、答えてくれました。

 

私が決めただけのことで、

じゃあすぐに離婚とか、そんなことはまったく考えていません。

 

誰も悲しまない、という前提は変わっていないし、

何より、そう言った自分が、また旧姓を名乗るとか、

まったくイメージできないんですよね。

 

もう25年近く、今の姓で生きてきて、

そんな自分が大好きだから。

 

また、彼の人生は彼が決めることなので、

どう選択してもOK。

 

ただ、着地点を決めたことで、私自身の行動が変わってきましたし、

周りの人との関係性も、なんだかいい方向に変わってきています。

 

中でも一番の変化は、夫に対する見方が変わってきたこと。

 

これまでは無意識のうちに、

彼を好きな理由と夫を嫌いな理由を

無理やり結び付けようとしていたんですよね。

 

「夫が話を聞かないから、一緒にいたくないのは仕方がない」とか。

 

でも、それも私の逃げ。

 

夫は夫、彼は彼。

それぞれに向き合う必要があると気づいたんです。

 

正直なところ、しばらく触れることすら避けていたのですが(^^;

久しぶりにマッサージをしてみたり、

こちらから食事に誘ってみたり。

 

やっぱり喜んでもらえると嬉しいんですよね。

 

まずは身近にいる大切な人と、一対一で真摯に向き合っていく。

 

その上で、将来、ツインの彼とふたりで一緒に住むことが、

理にかなっているのであれば

必ず、うまくいく。

 

私はそう信じています。