読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スピリチュアルナンバー33な生き方~私らしく思うがままに生きること~

誕生数秘術によるエンジェルナンバー33。自称「抑圧された表現者」が魂の伴侶と出逢い、心を解放していくブログ

禅タロット 今日のメッセージ(4月10日)

おはようございます。ゆうです。

 

先週土曜日、フラダンスを観に行くはずが

なぜか踊ることになり・・・(^^;;;

 

昨日は、完全休憩に入っておりました。

 

体力をつけないとですね。

 

さて、週の始まり、気を取り直してまいりましょう。


「ツインソウルプログラムを進んでいらっしゃるかたに、

 今、必要なメッセージ」

 

禅タロットを通じて、お届けします(^^)

 

☆4月10日のカード☆

 

水のクイーン RECEPTIVITY【受容性】

f:id:ylifestyle:20170410093634j:plain

 

「受容性」は女性的なもの、

水と感情の受容的な質を表します。

 

両腕は受け取るために上へと伸ばされ、

彼女自身はすっかり水の中に浸っています。

 

彼女には頭がありません。

 

自分の純粋な受容性を妨げる、

忙しく攻撃的な心がないのです。

 

自分がいっぱいに満たされると、

絶えず自分を空にしてあふれ出させ、

さらに多くを受け取ります。

 

「水のクイーン」は限界のないひと時

どのような期待も要求もなく

 

生がもたらす全てのものに

感謝するひと時をもたらします。

 

心(マインド)をなくして

ただ受け取り、満たし、あふれ出させる。

 

そして多くを受け取る。

 

まるで湧き出る泉のように。

 

そこには、妨げるものはなにもないのです。

 

ただ、愛と慈悲にあふれる

あなたの姿があるのみ。

 

つくづくこうありたいものだと思います。

 

昨日は彼と、花見をしたかどうかの報告会(笑)

 

彼曰く、桜は遠くから見るより、

近くで触れたりするのが醍醐味なんだそうです。

 

仕事の合間に、ひとりでふらっと公園に行き、

昼食をとりながらお花見をしたらしいのですが、

日曜日にスーツ姿でそんな場所にいるのは彼だけだったそうで(^^;

 

まあそれでも、桜を見ようという気持ちのゆとりをもてるのは

とっても素敵なことだと思います。

 

今日という日が、あなたにとって

かけがえのない一日でありますように。

 

禅タロット 今日のメッセージ(4月8日)

こんにちは。ゆうです。

 

そろそろ花粉症ともさよならしたい今日この頃(^^;;;

 

「ツインソウルプログラムを進んでいらっしゃるかたに、

 今、必要なメッセージ」

 

禅タロットを通じて、お届けします(^^)

 

☆4月8日のカード☆

 

火の2 POSSIBILITIES【可能性】

f:id:ylifestyle:20170408112520j:plain

 

下の風景を見渡しながら、大空を自由に飛ぶ

鷲の姿が描かれています。

 

風景に含まれているあらゆる可能性を

この鷲は一望のもとに見下ろすことができています。

 

鷲は、まさに自分にふさわしい場所を得て、

とても堂々とし、自ら満ち足りています。

 

このカードは、あなたが今、

可能性の世界が開かれているポイントにいることを示しています。

 

これまで自分への愛、自らを満たすことについて

真摯に育みながら成長してきたのですから

ほかの人たちとともに、楽しく過ごしていくことができます。

 

また、リラックスし、くつろいでいますから、

ほかの人たちの中にある可能性をも見抜くことができます。

 

ご自身とのバランスがとれている状態なので、

まさに自分が必要としているものを

与えてくれていることがわかるのです。

 

風景の変化を楽しみながら、時には驚きながら、

大きく羽ばたいてゆきましょう。

 

昨日、ツインの彼に一体感が増している話をしました。

 

彼も同じように感じているとのこと。

 

また、私と再会したことで、

夜が明けないことを願いながら

眠ることがなくなったと話してくれました。

 

彼のそういう言葉のひとつひとつに、

今までの苦しみを垣間見ては、

 

いたしかたなく、必要だったこととはいえ、

長い間、ひとりにしてしまったことに涙すると同時に

 

再会できたことの喜びと

もう決してひとりにしないという想いがこみ上げ、日々愛しさが募ります。

 

わかりやすく愛を語り合うことこそ減りましたが、

そうして日々さりげなく私の存在に感謝してくれるのは

本当にありがたいことだと思いますし、

私も同じように、彼に感謝の気持ちを送り続けたいと思いました。

 

と言いつつ、

私は今朝送った返事に、愛の言葉を添えておきましたけど(笑)

 

言いたい時には、ド直球で

言っちゃえ~って感じです♡

 

今日という日があなたにとって

かけがえのない一日でありますように。

 

愛をこめて。

繋がりを感じること

こんばんは。ゆうです。

 

今日は、とあるところで帳簿のチェックをしておりまして

へろへろでございます(^^;;;

 

出かける前に禅タロットと思ったのですが、間に合わず・・・

明日の更新にしますね。

 

ツインの彼との状況は特に変わってはいないのですが、

なぜか最近、ひとつになるということに近づいてきた感覚があります。

 

繋がりを信じられると言ったほうが、

表現としては、より近いかもしれません。

 

彼が今、何をしていて

どんなふうに感じているのか。

 

ってことは、さすがにわからないのですが(笑)

 

ツインレイだと、そのあたりは

かなり感じ取れるようですね。

 

もし、わけもなく悲しいとかあったら、

相手の感情を知らず知らずのうちに

感じ取っているのかもしれません。

 

でも、今のところ、そんな感じもなく、

ただ一体感だけがある。

 

彼を思い浮かべ、心の中でハグをする。

 

語りかける。

 

それだけでも十分満たされたりするわけです。

 

彼のことを考えない日はないけれど、

彼のことで頭がいっぱいになるわけでもなく。

 

いつでも会いたいけれど、

会えなくて苦しいというのもなく。

 

なんだか不思議な感覚です。

 

メールでのやり取りは1日から2日に1回程度。

 

日々の出来事を綴ることもあれば、

気に入った風景を撮って送ることもあったり。

 

あまりにも安定していて、

 

じゃあ、ここからどんなふうに進むの?

 

と思ったりもしますが、

いずれその時は来ると思うので、

今は流れに身を任せて、ただ感じ取ろうと思います。

禅タロット 今日のメッセージ(4月6日)

おはようございます。ゆうです。

 

「ツインソウルプログラムを進んでいらっしゃるかたに、

 今、必要なメッセージ」

 

禅タロットを通じて、お届けします(^^)

 

☆4月6日のカード☆

 

火のクイーン SHARING【分かち合い】

f:id:ylifestyle:20170406070135j:plain

 

「火のクイーン」は豊かさにあふれ、まさにクイーンそのもの。

だからこそ、与えることができるのです。

 

自分の懐具合を気にしたり、

先を見越して取っておこうという発想はありません。

 

あなたもまた同じ状況にあることが暗示されています。

 

ご自身の愛、喜び、そして笑いを

分かち合うことができるということを。

 

分かち合うことで、さらに自分が

満たされていく感じがわかることでしょう。

 

今、あなたの周りのあらゆるものが

一度にやってくるように思えるかもしれません。

 

それを楽しみ、しっかりと足をおろし、

あなたの中、そして周りにある豊かさを

思う存分、あふれ出させましょう。

 

私自身もまさに今、

周りのものが一気にやってくる感覚をおぼえています。

 

それが、昨日お話しした、

高速道路で走っていて、周りの景色が目まぐるしく変わっていく

ということなのかもしれません。

 

豊かさは、すでにあなたの中にある。

 

春の陽気に誘われるように、どんどん循環させていきましょう。

 

今日もステキな一日でありますように♡

運命の揺さぶり

こんばんは。ゆうです。

 

ツイン関係で必ず読んでいるブログのひとつに

近藤みずほさんの記事があります。

sopdet.com

 

私、文章フェチなもので(笑)

彼女の繊細な文章が大好きなんですよね。

 

運命の揺さぶりを感じている方も

この時期多いかと思いますが

 

では、私はどうかというと、

彼との関係については、安定しているような気がします。

 

ただ、今、ふっと感じたものを書くとすれば

そうですね・・・

 

地面ごと動かされている感じかな。

もう、そこに乗っかっちゃってる状態。

 

じたばたしても仕方がないと

腹をくくってる。

 

そんな感じです。

 

周りはどんどん加速して、

高速道路を走っているかのように景色は移り変わっていくけれど、

自分はそれに振り回されないように

意外と地道にコツコツやってる。

 

そういうイメージです。

 

昔の私だったら、高速道路を走りながら

ひゃっほ~い♪って踊りそうな感じのテンションだったんですけどね(笑)

 

今は、妙に落ち着いています。

これまでにない感じかもしれません。

 

 

今日、ひとつ思ったことがあるんです。

 

私たちは、たとえその時、失敗したと思っても、

諦めなければ、何度でもチャンスが与えられる。

 

それを試練と捉えるならば、

乗り越えられるまで、何度でも試練を与えられる。

 

私と彼がそうであったように。

 

試練と思えば、しんどいし辛いけれど、

チャンスと思えば、なんとなく気が楽になりませんか?

 

それが何度も来るということは、

必要なことであり、乗り越えられることなんです。

 

必要でないことであれば、そもそも現れることもない。

 

もしくは、役割を終えれば、去っていきます。

 

私と彼は、この4年間、

もう無理かも・・・という時を経て、ここまできました。

 

もう無理かも、と思ったのは

ほとんど私なんですけどね(^^;;;

 

離れることはない

 

そう思っていても、時にはしんどくて辛くて。

 

繋いでいる手を離そうとしても

結局、繋ぎ返してくれたのは彼でした。

 

30年ほど前、心がすれ違って離れた時、

自分が自分ではなくなってしまうほど辛かったから。

 

再会できた時、もうそんな思いはしたくないし

させたくないと、お互い誓ったんです。

 

だから、もしあなたが、今はわかり合えないと感じていても、

どうか相手を信じて諦めないで。

 

揺さぶりもまた、愛の証なのですから。

 

 

禅タロット 今日のメッセージ(4月5日)

おはようございます。ゆうです。

 

「ツインソウルプログラムを進んでいらっしゃるかたに、

 今、必要なメッセージ」

 

禅タロットを通じて、お届けします(^^)

 

☆4月5日のカード☆


V NO-THINGNESS【ノー・シングネス(無)】

f:id:ylifestyle:20170212105707j:plain

 

今日のメッセージとしてお届けするようになって、

このカードを引くのは4回目。

 

一番引いた数の多いカードです。

 

解説本では、この「無」の状態を

「隙間のなか」と表現しています。

 

言葉と言葉の間にある「沈黙」

出ていく息と入っていく息の中間にある「隙間」

 

そういった空っぽの瞬間を、一つ一つ大切にすることを

このカードは表しています。

 

分離期間中も、この「隙間のなか」に

当てはまるかもしれません。

 

見えないものの中にある何か

 

何も見えず、つかまるものすらなく、

可能性があるのかもわからない。

 

そういった中でこそ、潜在能力が生きてくるのです。

 

「無」は、何もないのではなく、すべて。

あらゆる可能性を秘めています。

 

それをどうしていくのかは、あなた次第。

 

「無」の中でリラックスし、自分を見つめ直しましょう。

 

そうして魂からのあなたの歩みを

心から信じましょう。

 

日々、何かに追われるように過ごしていたり、

始終、頭の中で思考を巡らせていたりすると、

この「無」の状態は恐怖にすら感じます。

 

ですが、少しの隙間すらなく、張り巡らされた状態では、

何も入ってくることができません。

 

もしかしたら、お相手の愛すら受け取ることができないかも。

 

普段、なかなか表現してくれない相手の

ほんの少しの愛情表現も

無であれば感じることができるはず。

 

と、自分にも語りかけつつ(笑)

少し意識して、リラックスする時間も取りたいと思います。

 

今日もステキな一日になりますように♡

 

 

絶妙なタイミングってあります

こんばんは。ゆうです。

 

今日は終日セミナーを受けておりまして、

帰りにお茶までしていたら、

 

もはや禅タロットのメッセージ、今日じゃないでしょ

という時間に・・・(^^;

 

仕切り直しで、明日、お届けしますね。

 

ということで、今日は少し前のお話を。

 

彼のお父さんの命日の時のこと。

 

スーパーから出た時、木蓮の花を見て、

ふと彼にメールしたくなったんです。

 

彼のお父さんが亡くなった日は、桜が咲き始める頃で、

彼がその話をしていたのを思い出したから。

 

この季節を選んで旅立たれたのも

なんだかお父さんらしいこと。

 

大好きだったお母さんを見守りながら、

一句詠んでいそうだということ。

 

夕方、そんな感じでメールを送り、

夜、ちょっと買い出しに出かけたところで、

急に彼に呼ばれたような気がして。

 

心の中で返事をして、家に戻ったら、

ちょうど彼からメールが届きました。

 

その日は、怒りの感情と無力感に支配されていたところに

私からのメールを読み、

 

ふと我に返って、お父さんを偲んでいたら、涙があふれてきたと。

 

いつもはまだ誰かしら事務所にいる時間なのに、

その日に限ってみんな早く帰っていたので、

ひとりでしっかり泣いたそうです。

 

私が彼に呼ばれたような気がしたのは、

おそらくメールを読んだ時なんでしょうね。

 

私も、思わずもらい泣きしてしまいました。

 

ひとりで泣ける時間が取れたのも、

何かの計らいだったのかもしれません。

 

彼は繊細で、どちらかというと女性性のほうが強いけれど、

社会で生きていくために蓋をして、強くあろうとしてきた人。

 

そんな彼が泣くのは、彼らしくて好きですし、

たまらなく愛しく思えます。

 

それが理由で、しょっちゅう泣かしてるわけではないですよ(笑)

 

でも、私がきっかけで、先月は少なくとも2回は泣いてます。

あはは。

 

一緒に泣きたいし、一緒に笑いたい。

 

彼の前では感情に蓋をすることなく、自然体でありたいし、

彼がそうありたいと思える自分でいたい。

 

ふと、私が望むものって、本当にシンプルで、

少ないんだなと思いました。

 

書いていたら、やっとセミナー疲れが抜けてきたので、

今からちょっとだけ仕事タイムに入ります。