スピリチュアルナンバー33な生き方~私らしく思うがままに生きること~

誕生数秘術によるエンジェルナンバー33。自称「抑圧された表現者」が魂の伴侶と出逢い、心を解放していくブログ

心を開くこと

こんにちは。ゆうです。

 

6日ぶりに家の外に出ました(笑)

引きこもりも長すぎると、さすがに調子が狂いますね。

 

今日、トレーナーさんと話をしていて

思い出したことがあります。

 

彼と再会した頃、彼が具体的なことを話さなくても、

使う言葉から、かなり疲弊しているのを感じて

まずは私に対して、心を開いてくれるように働きかけた時期がありました。

 

後になって、彼が長年勤めてきた会社を

半ば厄介者扱いされて辞めることになり

半年間の休職期間を経て、

再就職した直後だったことがわかるのですが。

 

 

それだけでなく、ご両親や奥さんの体調のことなど、

さまざまなことが重なり、

一手に引き受けないといけない状況だったようです。

 

私がほめたり、感謝したりすると

恐縮ですとか、かたじけないとか。

 

今なら「武士ですか?」と突っ込むところです(笑)

 

そんな感じで、気にかけていたら、

割と早くに、彼の心はほぐれてきたのですが、

ここで、ひとつの壁にぶつかりました。

 

実は、彼のことをサポートしたいばかりで

私自身が心を開くことができていなかったんですね。

 

そこには、ある程度の我慢もありました。

 

気にしていないふりをして、陰で泣いていたりとか。

 

彼に負担をかけたくない、そんな気持ちもありましたが、

今から思えば、それ以上に、恐れを抱いていたんだと思います。

 

こんなことを言ったら、彼はどう思うだろうか。

傷つけてしまうんじゃないだろうか。

嫌われてしまうんじゃないだろうか。

 

まるで、若い頃の繰り返し。

きっと、仕切り直しだったんでしょうね。

 

だけど、うわべだけの関係では、再会した意味がないし、

もっと深くわかり合いたい。

 

そういう気持ちがあったからこそ

勇気を出して、ひとつひとつの言葉を発してきました。

 

再会した頃は、それこそ、彼の電話番号すら聞けなかったんです。

迷惑になるんじゃないかと思って。

何時代かって話ですよね(笑)

 

今はとりあえず言ってみる。

でも、判断は彼に任せる。

 

何度も何度も勇気を出しては繰り返して

やっとそういうスタンスに慣れてきました。

 

誰だって、一歩踏み込むのは怖いものです。

 

ましてや、人間関係、特に異性との関係で、

なかなか処理しきれない深い傷を負った場合、

どうしても以前受けた傷と重ねてしまうということは多々あるでしょう。

 

でも、今いる目の前の人は、

昔、あなたを傷つけた人ではない。

 

さらに言えば、傷ついた自分を癒すのは

ほかでもない自分自身なんです。

 

相手に傷を癒してもらおうと思っているうちは

なかなかそういう相手には出会えなかったり

 

相手がそういうふうにしてくれなかったりするんじゃないかと

私は思います。

 

過去にとらわれるのではなく、今、目の前にいる人を

何のフィルターもかけずに、見てみてください。

 

もし仮に、相手の人が痛いところをついてきたとしたら、

それはあなたにとって、向き合う必要のあること。

 

辛くて、先延ばしにしてしまうこともあるかもしれません。

 

でもね、先延ばしにした分、また同じことがやってきます。

 

神様が、

 

「あれ? これじゃ、気付かないのかな。

 じゃあ、もっと気づきやすくしてあげよう」

 

結果、どっかーん、という具合で、

向き合う問題が、バージョンアップすることもあります。

 

私の場合は、性的な問題を、ずっと先送りしてきました。

 

さも何もなかったかのように振る舞い、

男性に幻滅し、所詮そんなものだと思い。

 

遡れば、30年くらい封印してましたから

そりゃあもう、蓋が開いた時には大変でした。

 

彼がいてくれたからこそ、乗り越えられたけれど、

彼がいたから表面化したという(笑)

 

本気で幸せを感じる自分を選んだ時

避けて通れないことだったんですね。

 

彼と再会する前の自分だったら

スルーできたことだと思います。

 

でも、頑張ってよかった。

 

おかげで、性に関しても、かなり語れるようになりましたし

心の底から、神聖で神秘的なものだと

感じることができるようにもなりました。

 

もし、相手が心を開いてくれない

 

そう感じるのであれば、

まずは自分が心を開くこと。

 

待ちの状態も、たしかに必要ですけれど

それは自分が最善を尽くした後の話です。

 

いつまでも後出しじゃんけんをしてても

心の底からすっきりはしないでしょ。

 

それと同じようなもんだと、私は思います。

 

勇気をもって。

私はいつでも、応援しています♡

新月前のデトックス

こんばんは。ゆうです。

 

さきほど、新月の一斉ヒーリングのご案内にも書きましたが、

昨日から少し体調を崩しています(^^;

 

数日、娘の夏風邪のケアをしていたので、そのせいかとも思ったものの

症状がまず違うのと、とにかくだるい。

 

こういう時は、即、新月か満月の影響か?と思うのですが(笑)

 

漠然とした恐れもあるので、

何かをデトックスしようとしているのかもしれません。

 

感覚的にはうーん・・・8月31日の子ども?

ちょっと違うかな。

 

やることもわかっている。

始めたほうがよっぽど楽なのに

なんだか気分が乗らないとか。

 

進む怖さなのかも。

 

もうちょっと夏休みがあるといいのに、みたいな(笑)

 

でも、何をどうしたって明日は来る。

今は最後の悪あがきです。

 

なんとなくですが、

新月過ぎたらスパッとすっきりしそうな気もしています。

 

今回、幸いなのは、

彼とのことに関しては、気分が落ちないことでしょうか。

 

ここ1週間、体のメンテナンスもペースが崩れて

なんだか滞ってる感じがするので、

明日のトレーニングで、まずは調整してきます。

 

 

8月22日 新月の一斉ヒーリングをします

こんにちは。ゆうです。

 

 

台風一過とでも申しましょうか、

夫の長期滞在(?)が終わって、どっと疲れが出たのか

昨日から、喉の痛みと体のだるさが抜けずにいます(^^;

 

そんな中ではありますが、一斉ヒーリングの告知を。

 

今回の新月は、8月22日 3時31分(獅子座)

 

そのタイミングに合わせて、一斉ヒーリングをします。

 

事前の参加表明がなくても、ご自身で宣言していただくだけで、

受け取れるように設定いたします。

(宣言の仕方は、このページの下部をご確認ください)

 

また、今回も、ペイフォワードという形でしてみたいと思います。

 

ペイフォワードとは、日本語でいう「恩送り」

 

私はこの考え方が、とても好きです。

 

海外で生活する機会も多く、子育て真っ最中の時は

幾度となく周りの方々に助けられてきました。

 

恩を受けた方に直接返すことができなくても、

その恩を次の方へ送っていく。

 

そのことで、受ける側も、気兼ねを感じることなく、

受け取ることができるのではないかと思います。

 

ツインソウルの繋がりは、相手と自分だけの繋がりのように見えて、

実は大きな流れの中で、関わるすべての人が同じように進んでいる

 

私はそう考えています。

 

だから、同じツインソウルのブログに感銘を受けたり、

イムリーな内容が届いたりするんじゃないかと思うんです。

 

そういう意味でも、ペイフォワードという形は、

有効であると感じました。

 

エネルギーワークをしたことがないという方でも、

もちろん大丈夫です。

 

祈りでも行動でも、何でも構いません。

 

私からお送りしたエネルギーを循環させるという意識で

できることをしていただけたらと思います。

 

難しい場合は、受け取るだけでも構いません。

愛を満たしていきましょう。

 

以下、手順をご説明いたします。

 

1.8月22日3時11分より24時間、
  私、ゆうからのエネルギーを受け取れるように設定いたします。

 

2.22日3時11分をまわりましたら、
  リラックスできる状態で、受け取る準備を整えてから

 

  「ゆうからの新月の愛のエネルギーを受け取ります」

 

  と、唱えて受け取ってください。
  (声に出しても、心の中で唱えても、どちらでも大丈夫です)

 

  何かしている状態でも受け取れますが、
  楽にされていたほうが、感じ方も違うかと思います。

 

  また、何も感じないという場合でも、
  受け取りOKのサインを出してくだされば
  確実に届きますので、ご安心ください。

 

3.受け取られた方は、そのエネルギーをペイフォワードしてください。
  祈り、何かの行動など、どんな形でも構いません。

 

  もし難しいと感じられる場合は、まずはご自身が
  愛で十分満たされることを優先してくださいね。

 

 

よろしければ、受け取られた後のご感想などいただけると嬉しいです。

 

今回の8月22日という数字の並びも、気になっていて。

循環とふたつの世界の統合、そんなふうに感じています。

 

どうぞ楽しみにしていらしてくださいね♡

魂の伴侶

こんばんは。ゆうです。

 

便宜上、彼のことをツインソウルと表現しているのですが、

実は、魂の伴侶のほうが、私の中ではしっくりきます。

 

ブログのサブタイトルにも使っているくらいですから

書き始めた頃から、その意識はあったのでしょうね。

 

今日、私が読者登録しているかたのブログを読んでいて

ツインソウルについて少し考えていました。

 

以前よりも、ツインソウルに関する情報が増えていて

中には、そういう商法まで出ていたりして

まだ見ぬお相手に、想いをはせている。

 

そんなかたも、いらっしゃるかもしれません。

 

 

もし、そういうかたがこのブログを読んでいらっしゃるとしたら

ぜひ、目の前のかたと誠実に向き合ってみてください。

 

これは、異性に限らずです。

 

どんな出会いや出来事にも、必ず意味があると私は思っていて。

 

それこそ、レイプ未遂やデートDVに遭ったことですら

今、振り返ってみれば、私にとっては意味のあることでした。

 

そう言えるまでに30年以上かかりましたけど、

過去が消えないのであれば、そこから何かをつかみ取るのが

私の信条だったりします。

 

転んでもタダでは起きないってやつですね(笑)

 

少し話が逸れました。

 

もし私が、若い頃に彼とそのまま結婚していたとしたら

今のように、彼にいろんなことを与えることもできなければ

彼から与えられることもなかったのではないかと思います。

 

お互い長い時を経て、違う場所でさまざまな経験をして

その知恵を持ち寄り、さらにお互いを高めていく。

 

見えないものまで見えてくるような、そんな感覚。

 

だけど、不思議なくらい、大切に思うことは同じで、

価値観も似ていて。

 

私が彼のことを魂の伴侶だと確信しているのは、

そういう重なっている部分と、

まるで陰陽のように二分した真逆の部分を持っていること。

 

一緒にいると、時が止まるというか、

まるで会っていなかった時間が一瞬で消えてしまうような一体感。

 

寄り添っている時、オーダーメイドかと思うほどの

サイズ感のよさ(笑)

 

どうくっついても、居心地が良いというか

パズルのピースのように、ぴったり合う感じがするんですね。

 

逆に、巷でよく言われているような

手が似ているなんてことは、まったくありません。

 

ただ、顔は似ているかも。

 

そんな感じで、いずれにしても、

大切な人に変わりはないわけです。

 

もし仮に、どちらかが先に旅立ったとしたら、

とても寂しいことではあるけれど、

きっと残されたほうの魂と一体化するでしょうから

それもまた安心できるかもしれません。

 

その時が来るまでは、精一杯、生き切りたい。

そんなふうに思います。

 

胸の鼓動

こんにちは。ゆうです。

 

かれこれ1週間ぶりに、ひとりの時間を過ごしています。

 

家族のことはもちろん好きなのですが、

ひとりの時間が確保できないと、

だんだん酸欠状態になってくるんですよね(^^;

 

ツインの彼と会ってから、

やっぱりツインがらみの話が書きたいと思うあたり

彼の存在は偉大だなと思います(笑)

 

今回は、彼の住んでいる街ではなく、

私たちが育ち、出会った街で会い、

互いの肌のぬくもりを感じてきたせいか

 

彼の言葉を借りれば、いつも以上に

会った後遺症が残っています。

 

彼はすでに、いつも通りの生活に戻っているので、

その後遺症すらも楽しんでいる様子。

 

私自身もそれに近いものはありますね。

 

以前は会って離れたその直後から、会いたくて涙が出てしまって

翌朝、まぶたが大変なことになるというパターンだったのですが(^^;

その頃を思えば、ずいぶん成長したと思います。

 

もちろん波はあるものの、

どうしてこんなふうに落ち着いていられるようになったのか

今朝も考えていました。

 

 

もしかしたら、

自分を信じられるようになったからなのかもしれません。

 

昔、付き合っていた頃もそうでしたが、

冷静に考えると、彼が私から離れていくということは

あり得なかったんですよね。

 

当時も、離れたのは私でした。

(彼が結婚した時は、離れた私へのわだかまりがあったから、それは仕方ないとして)

 

私の自信のなさが原因です。

 

彼にふさわしくないとか

彼に好きでいてもらえるはずがないとか

 

肝心な彼のことや彼の気持ちをすっかり置き去りにして

ひとり芝居を演じていました。

 

で、自分が思っていた通り、どんどんすさんでいって・・・

 

本当は、彼が私をどう思うかが問題ではなくて

私が自分のことをどれだけ信頼できるか

 

それだけだったんですよね。

 

再会した頃、私は自分が生きたいように生きて

したいことをして、輝いている

 

自分でもそう思っていたし

彼にもそんなふうに見えていたようです。

 

でも、実際には、まだまだ生温かったみたいで(笑)

 

彼と再会して、それまで積み上げてきた幸せが

一気に崩れ去る気がしました。

 

それまでの自分が感覚的に思い出せないほど。

 

生まれ変わってしまったというか

生き直しが始まった瞬間でした。

 

それまで、仮に100%幸せを感じていたとしても、

もともとの器が小さかったみたいです。

 

だから、再会してからしばらくは、

ちっぽけな私に戻ったようでした。

 

彼の奥さんに嫉妬したりとか、

昔のことを掘り起こして彼を責めたりとか。

 

彼のことが愛しくて仕方がないのに

彼を傷つけてしまいそうな自分が怖くて。

 

でも、黙ってもいられなくて(笑)

 

覚悟を決めて、彼に想いをぶつけることから始めたんです。

 

彼もそれ相応の覚悟はできていたのか、

ボコボコになりながらも、受け止めてくれました。

 

今から考えても、

かなりしんどかったんじゃないかと思います。

 

頻度はかなり減ったものの、つい最近で荒れたのは、

ゴールデンウィークから6月にかけてだったので、

再会してまもなく5年になりますが、

なかなか完全には落ち着かないものですね。

 

先日、彼の胸の鼓動を聞く機会がありまして。

 

赤ちゃんがお母さんの心音を聞いて

安心するということがありますが、

まさにそんな感じでした。

 

録音して帰りたいくらいでしたが(笑)

視覚よりも聴覚の記憶のほうが残りやすいので

しばらくはその感覚を頼りに、進んでいこうと思います。

 

 

 

 

愛はただ在るということ

こんにちは。ゆうです。

 

先日、ツインの彼と5か月ぶりに会えたことを、

もしかしたら私以上に喜んでくださっているのではないかという人が

何人もいらっしゃって、本当にありがたい限りです。

 

私が信頼するトレーナーさんも、彼と会う前に

 

「いつ会うんでしたっけ?

 なんだかワクワクします♡」

 

と声をかけてくださって。

 

彼にその話をしたら「それは、責任重大!」って言ってました(笑)

 

本当は、今日まで帰省しているはずが

予定変更で自宅待機になったため

まだ余韻に浸りつつ、ぼちぼち仕事をしたり家事をしたりしています。

 

そんな中、私にとって、とてもタイムリーなブログを目にしました。

ameblo.jp

 

先日、彼に会ってからは特に、

愛があふれでる感覚が止まらないんですよね。

 

メールを送って、1日、2日返事がなくても

仕事の合間に読んでくれていることはわかっていて。

 

それで少しでも癒されたりほっとできたらいいなとか。

 

彼が必要な時に、想いが届けばいいと思っていて、

こちらから求めることをしなくなりました。

 

もしかしたら、今だけかもしれませんが(笑)

 

求めちゃいけないって思うと、しんどいですしね。

 

求めない、というのも、

もしかしたら少しニュアンスが違うかもしれません。

 

自分が期待する結果を求めない、というほうが

近いです。

 

彼のことは、もちろん必要。

だけど、彼の想いは、すでにここに在る。

 

それは信じることができます。

 

たとえ仕事がきつくても、

心が荒れたり、ささくれ立つことがないように。

 

今はただ、あふれる愛を送り続けるのが

私の役割だと感じています。

甘えるということ

こんばんは。ゆうです。

 

以前から甘え下手なのは十分にわかっていたのですが、

ここにきて、気付いたことがあります。

 

それは

 

家計のやりくりをすべて自分でしないといけない

 

という呪縛。

 

なぜか昔から、夫が稼いできているんだから

やりくりするのは自分の役目だし

余計な負担をかけたくないという気持ちがあったんですね。

 

そうやって、これまで様々な局面を乗り越えてきたわけです。

 

夫でないとできない手続きは、もちろん夫がしてくれますが

ブレーンはいつも私。

 

我が家は、子ども達の年齢が離れているため、

もう長いこと、学費の捻出に頭をひねっている状態でした。

 

そしていよいよ、自分のチカラではどうにもならなくなった時。

 

まず感じたのは、定職についていない主婦の無力さ。

 

もうこれはムリ!お手上げ!

 

ってするしかないし

そうしたほうがいいんだと思いました。

 

実は夫に頼ればいいだけのことだったんですよね。

 

それが私にとっての「甘える」ということ。

 

今回、教育ローンを組むことを提案して

それでも夫はまだ自分事に感じていなくて

説明を読んでと言っていたのに、読まないまま

自分に関する情報をさくさく入力しちゃう始末(^^;;;

 

いやいや、そんな簡単に借りるんじゃなくて

内容を自分で把握してよ

 

これは、一から育て直しです。

 

夫と妻、どちらが家計管理をするかは

家庭によってさまざまだと思いますが

 

私が知る限り、妻が一手に引き受けている状況は

男性性を必要以上に強めそうな気がするんですよね。

 

せめて、だんなさんと対等に共有することが

必要なんだと思います。

 

先日、ツインソウル繋がりの友人とも話していたのですが

私の根底にあるのは、自分の稼ぎがない、もしくは少ないのに

お金を使っている罪悪感。

 

私にはそういう罪悪感はないと思っていたんですけど

今回、夫に相談する時、口から胃が出そうなくらい

しんどかったんです(^^;;;

 

セミナーを受講する時も、どちらかというと

私の中での理由付けが必要でした。

 

したいからする、はもちろんあるけれど

家族にも還元できるしとか

プラスアルファの理由付け。

 

夫が反対するわけでもないのに

完全なるひとり芝居です。

 

なので、家族に関わる出費は遠慮なく夫に相談し

判断を仰ぐことにしようと思います。

 

普段からこれができている人にしてみたら

なんで?って感じなんでしょうね(笑)

 

最近、親しくなった人が

まさにだんなさんに尽くしてもらっているタイプで

今回の私のような悩みは一切ないのですが

 

彼女が私の前に現れたのも、

こんなふうにすればいいという指標なのかなと思っています。

 

いろんな意味で、夫も私も、次の局面に向けて

自立の時を迎えているような気がします。