読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スピリチュアルナンバー33な生き方~私らしく思うがままに生きること~

誕生数秘術によるエンジェルナンバー33。自称「抑圧された表現者」が魂の伴侶と出逢い、心を解放していくブログ

愛のカタチと自己開示

こんにちは。ゆうです。

 

昨日、今日と出たり入ったりの状態で、

また更新が滞りつつあります(^^;;;

 

書きたいことはたくさんあったはずなのに。

 

あと1時間ほどで、また出かけるので、

それまでにひとつ思い出せるといいなと振り返り中・・・

 

・・・

 

・・・・・

 

あ、思い出しました(笑)

 

sopdet.com

 

昨日、みずほさんの記事を読んで、

私も以前、彼に同じようなことを伝えたのを思い出しました。

 

彼と私は、夫婦でもなければ、

何か約束を交わした間柄でもありません。

 

なにひとつ保証もなく、

一見不安定で、もろい関係。

 

普段、会えるわけでもなく、

共通した何かに属しているわけでもない。

 

三次元だけで考えるとすれば、

どちらかが諦めてしまえば、そこで途切れてしまう。

 

そんな関係。

 

でもね。

 

そんな関係を、私たちは、あえて選んだ。

そう思うんです。

 

私たちの愛が、形に左右されないものであることを

体感したいがために。

 

そんなストイックな魂なのでしょう。

 

不安定だからこそ、繋がろうとするし、

相手を大切にしようとする。

 

たとえどんな状況下に置かれても。

 

だから、十分に体感しきったら、

一緒に過ごすのかもしれませんね。

 

本当は別のテーマにしようと思いましたが、

あえて続けて書きます。

 

昨日、今日とワークショップや

それにつながるランチ会に参加してきて

 

自己共感の大切さをあらためて感じたとともに、

自己開示というテーマを突き付けられました。

 

私はこのブログのような自己開示の場を得ることができ、

十分救われているのですが、

それもまた、すべてではないというか。

 

心のどこかで、

 

隠している自分

 

に対する後ろめたさが、時々、私を疼かせるんですね。

 

もちろん、なんでも言えばいいというものではないですし

タイミングもあります。

 

それでも、そう感じる自分がいるということは

まだまだ自己開示できるということ。

 

彼とのことを完全に公にするのは、

最後の砦になると思いますが、

それまでにもできることはたくさんある。

 

でも、できないと感じるのは、

おそらく人からどう見られるかといった私の恐れです。

 

昨日、ひとつ気づいたことがあります。

 

私は非常に現実的な人に、

ヒーリングやエネルギーワークをしていることを

伝えるのが、とても苦手だということ。

 

昨日の場合は、お医者さんでした。

 

しかも、お話を伺っていると、超現実的。

 

そりゃそうですよね。

お医者さんがふわふわしてたら、

患者さんも不安になりますから。

 

実際、ご自身も、そうおっしゃっていました。

 

ヒーリングのことは、たしかお伝えしたと思うのですが、

かなりぼかしたので

 

あ、カウンセリングみたいなものですね

 

で、あっさり終わりました(笑)

 

これもたぶん、過去のどこかで

否定されたことを引きずっているのでしょうが

それが何だったのかは思い出せないんです。

 

もしかしたら、母かもしれませんね(^^;;;

 

はじけたい自分というのは常にいて、

それを同じくらいのパワーで止める自分もいて。

 

あらためて「抑圧された表現者」とは

自分でもよく言ったものだなあと

他人事のように感心しています。

 

もうね。

 

ここまできたら、

そんなぐずぐずっとした自分も好きですよ。

 

それくらいの気持ちで、付き合っていこうと思います。

 

しかしまあ、なかなかまっしぐらには行かないもんですね(^^;

 

山を螺旋状に登るような感じなのでしょう。

 

同じ景色が繰り返されるから

自分の中では戻ってるような

進んでないような感覚になるけれど、

実は、着実に進んでいる。

 

本当に一歩ずつ確認しながらですけど、

それでも進めていることを喜び、自分をほめようと思います。

言葉の重み

こんばんは。ゆうです。

 

ただいま、炊飯器にてパエリア炊き込み中。

待っている間に、ひとつ書けそうですね。

 

ふだん、ブログを書く時は、思いつくままに書きたいことを書いて

一通り読み直し、最後にタイトルを決めるのですが、

 

今回は、なぜかタイトルが先に浮かんだので、

これに沿って書いていこうと思います。

 

脱線しそうだなあ・・・(笑)

 

かれこれ10年以上、書く仕事をしていて、

メールを書く機会も、とても多かったのですが、

 

ここにきて、言葉の重みというのを

あらためて考えさせられています。

 

 

いわゆる「降りてきた言葉」というものは

そのままストレートにお伝えします。

 

それと違い、推敲して出した言葉は、

私の命を吹き込むというか、

言霊としてお届けしているので、

しっくりこなければ、何度も書き直します。

 

それでも、真意が伝わらないということも

あると思うんですね。

 

文章というものは、受け手の価値観に左右されるものですから。

 

それもわかったうえで、

言葉をひとつひとつ紡ぎながら伝えていく。

 

その工程が好きだし、大切にしたいことのひとつでもあります。

 

工程が・・・と言いつつ、

書くのが好きと書いたのは、これが初めてです。

今、自分で書いてびっくり。

 

以前、確かこのブログで

言葉は意味をなさないと書いた記憶があります。

 

それもまた、受け手の価値観に左右されるからだと。

 

ただこれは、自分を受け手と考えた場合ですね。

 

そもそも受け容れようという気持ちがないのに

相手にどれだけ言葉を尽くしてもらったとしても

それは意味をなさない

 

そういう意味合いです。

 

自分が発信する時、伝わるように伝えようと心を配るのは

やはり必要なことだと思います。

 

もちろん、自分を曲げたり偽ったりする必要はありません。

 

コミュニケーションを通じて、

相手の価値観を知り、自分の価値観を伝え、

どうすればお互いが、いい状態で過ごせるのか。

 

それをふたりで探っていくのです。

 

ブログを読んでくださるかたも、

書き始めた頃に比べると、ずいぶん増えました。

 

本当にありがたいことだと思います。

 

と同時に、偽りなく、その時に感じることを

思うがままに、を貫いていると

 

もしかしたら、私の書いたことで

傷が痛むこともあるかもしれません。

 

読んでいて辛くなったら、どうぞ無理をせず

ブログから離れてくださいね。

 

中には、私のしんどい経験を書いた部分もありますから、

ご自身の傷と重なってしまった時、

せっかく癒えそうになっていた心を

再びえぐられるような辛さがあると思います。

 

もし、読める時がきたら、

その時にまた訪れていただけたら嬉しいです。

 

必要とされる時、私はいつもここにいます。

 

そういう想いで、今日も、

ひとつひとつの言葉に、命を吹き込んでいます。

4月26日 新月の一斉ヒーリングをします

こんばんは。ゆうです。

 

もう、直前告知が当たり前になってきちゃいました(^^;

 

今回の新月は、4月26日 21時17分(牡牛座)

 

そのタイミングに合わせて、一斉ヒーリングをします。

 

事前の参加表明がなくても、ご自身で宣言していただくだけで、

受け取れるように設定いたします。

(宣言の仕方は、このページの下部をご確認ください)

 

また、今回も、ペイフォワードという形でしてみたいと思います。

 

ペイフォワードとは、日本語でいう「恩送り」

 

私はこの考え方が、とても好きです。

 

海外で生活する機会も多く、子育て真っ最中の時は

幾度となく周りの方々に助けられてきました。

 

恩を受けた方に直接返すことができなくても、

その恩を次の方へ送っていく。

 

そのことで、受ける側も、気兼ねを感じることなく、

受け取ることができるのではないかと思います。

 

ツインソウルの繋がりは、相手と自分だけの繋がりのように見えて、

実は大きな流れの中で、関わるすべての人が同じように進んでいる

 

私はそう考えています。

 

だから、同じツインソウルのブログに感銘を受けたり、

イムリーな内容が届いたりするんじゃないかと思うんです。

 

そういう意味でも、ペイフォワードという形は、

有効であると感じました。

 

エネルギーワークをしたことがないという方でも、

もちろん大丈夫です。

 

祈りでも行動でも、何でも構いません。

 

私からお送りしたエネルギーを循環させるという意識で

できることをしていただけたらと思います。

 

難しい場合は、受け取るだけでも構いません。

愛を満たしていきましょう。

 

以下、手順をご説明いたします。

 

1.4月26日21時17分より24時間、
  私、ゆうからのエネルギーを受け取れるように設定いたします。

 

2.26日21時17分をまわりましたら、
  リラックスできる状態で、受け取る準備を整えてから

 

  「ゆうからの新月の愛のエネルギーを受け取ります」

 

  と、唱えて受け取ってください。
  (声に出しても、心の中で唱えても、どちらでも大丈夫です)

 

  何かしている状態でも受け取れますが、
  楽にされていたほうが、感じ方も違うかと思います。

 

  また、何も感じないという場合でも、
  受け取りOKのサインを出してくだされば
  確実に届きますので、ご安心ください。

 

3.受け取られた方は、そのエネルギーをペイフォワードしてください。
  祈り、何かの行動など、どんな形でも構いません。

 

  もし難しいと感じられる場合は、まずはご自身が
  愛で十分満たされることを優先してくださいね。

 

 

よろしければ、受け取られた後のご感想などいただけると嬉しいです。

 

ちなみに、今、設定完了しました(^^)v

 

先日、新しいエネルギーのアチューンメントを受けまして

かなりパワーアップしている感覚があります。

 

設定後も、まだ両腕がジンジンしています(笑)

 

今回は、より大きな循環ができそうで、

私自身、とても楽しみにしています。

 

ご参加、お待ちしていますね♡

禅タロット 今日のメッセージ(4月25日)

こんばんは。ゆうです。

 

完全、振り返りタイムですが、いきます。

 

「ツインソウルプログラムを進んでいらっしゃるかたに、

 今、必要なメッセージ」

 

禅タロットを通じて、お届けします(^^)

 

☆4月25日のカード☆

 

雲の9 SORROW【嘆き】

f:id:ylifestyle:20161028150052j:plain

 

この人物は師がなくなったことをひたすら嘆き、

絶望の淵にいます。

 

どうしようもない孤独感、不安に苛まれ、

希望を失っている状態です。

 

ですが、それは本当に終わりなのでしょうか。

 

実は、師がいなくなるということは、

真に自分で歩むためのスタート地点に立ったということ。

 

思いっきり嘆き悲しんだら、

前を向き、自分で歩めばいいのです。

 

嘆いた先に、大きな変容が待っています。

 

 

それまで目標にしていて、時には腹立たしく、

超えたいと思っていた存在が

突然、目の前から消えてしまった時。

 

目標がいきなりなくなるのですから、

途方にくれてしまうでしょう。

 

でも、それは、新しく目標を設定する時なのかもしれません。

あなた自身が設定する目標です。

 

何度でも設定し直せるし

何度でもやり直せる。

 

今のあなたの嘆きは、今までのすべてを洗い流し、

新しく進むための大切な時間なのかもしれません。

 

私は昔っから泣き虫で、何度も何度も泣いてきました。

 

彼と再会した時も

 

「昔はよく、泣いてまぶたが腫れてたよね」

 

と言われました。

 

いや、今でも腫れますって(^^;;;

泣きはらしたら誤魔化せないので、そりゃあ大変です。

 

いっぱい泣いていっぱい転んで、

そのたびに何とか立ち上がって。

 

もう立ちたくないと思った時もあったと思います。

でも、やっぱり立ち上がって。

 

格好悪い時もたくさんあったけれど、

それもまた、今は愛しい日々に思えます。

 

今日はどんな一日でしたか?

あなたの心に優しい灯りがともりますように。

 

振り返りの参考にしていただけたら嬉しいです。

 

ツインブログが続いている理由

こんばんは。ゆうです。

 

今日の禅タロットはお休みして(^^;

思うところを書いてみたいと思います。

 

私がこのブログを書き始めたのは、ツインの彼と再会して、

私の人生を書き残したいと思ったのがきっかけでした。

 

これまでも何度かブログを書こうとしたんですけど、

一番続いたので10日分(笑)

 

だから、私の中では、もはや

奇跡の記録更新が続いています。

 

なぜ今回は、これだけ続いているのかと考えた時。

 

もちろん、自分の心を落ち着かせたり

整理するために書いているからというのもありますが

 

彼との関係が安定してきたと同時に

私のブログの向こうにいるかたが

少しずつ見えてきたような気がして。

 

私自身もそうですが、ブログの内容が内容ですから

私が書いたことに対して、何か伝えたいと思っても

コメント欄にはなかなか書きづらいんですよね。

 

あまりにも自分の内側を見せてしまうようで。

 

だから、望んでくださるかたには、

可能な限り、メールでのやりとりをさせていただいています。

 

いくら私の人生が変化に満ちたものであっても

所詮ひとりが経験するだけの量ですから

そうやって胸のうちを話してくださるのは

私自身も心が震えたりするものなんです。

 

51年生きてきて、まだまだ知らないことがたくさんあるのも

気付かされたりして。

 

あらためて、このブログを書き始めてよかったと思いました。

 

ツインの彼とは、物理的な距離こそ離れていますけど、

常に心はそばにいて、お互いにエールを送り合っています。

 

いつ会うという約束もしないまま、

それでもタイミングがきて

会いたいと思えば会えるだろうと楽観的。

 

私がしたいことや、どうすれば魂が喜ぶかというのも

ここ数日でだんだん見えてきて、

 

収入を得るという視点では、

だめだこりゃって突っ込まれそうですけど(笑)

 

なんだか自分が楽しくて

相手にも喜んでもらえて

日々生きていけるだけのお金があって

まわっていけばそれでいいなと。

 

もし大きなことをしたくなったら、

まわす額を大きくすればいいだけのこと。

 

循環させるということが、

これからの人生のポイントになってくると思っています。

 

物質面だけでなく精神面での循環も。

 

良い波動が伝わって、関わる人が気持ちよくなれるように

結果、周りに笑顔が増えるように。

 

これからも、たまにお休みしますけど(^^;

書き続けていこうと思います。

 

もし、コメント欄には書けないけど伝えたい!ということがありましたら、

こちらまでご連絡ください。

 

送信先:ylifestylebrog@gmail.com

(@を半角文字にしてくださいね)

自分の弱さを見せるのは怖いですか?

こんにちは。ゆうです。

 

今日は、禅タロットのメッセージもまだですが、

どうしても書きたいことができてしまったので、

先に書こうと思います。

 

 

ツインのお相手だけではなく、

親子とか友達とかあらゆる場面で共通する大切なこと。

 

それは、相手との線引きです。

 

自分にとって、とても大切な人がいて、

その人のために尽くしたい

その人のためになることがしたい。

 

時には、その人のために身を引くと

考えることもあるかもしれません。

 

でも、少し落ち着いて考えてみてほしいんです。

 

それは本当に相手が望んでいることでしょうか。

 

よくあるのは、子どものためを思って

親があれこれ準備をする。

 

さらに言えば、子どもが失敗しないように先走って

道を整えておく。

 

それが本当に子どものためになるのか、と言えば

決してそうではありません。

 

極端な話、子どもが失敗から学ぶチャンスを

奪っている可能性すらあるのです。

 

私にも子どもが3人いますから、

苦労しないようにという気持ちもわからなくはないです。

 

でも、私自身、無言の制約の中で生きてきた気がするので、

子どもには、できるだけそう感じさせたくないと思っています。

 

ツインのお相手にしてもそう。

 

その昔、彼と一緒にいるのが辛くて、

私なんて彼に相応しくないと感じて、

自ら離れる道を選びました。

 

ほんとは離れたいんじゃなくて、

抱きしめてほしかったし

愛されている確証がほしかった。

 

でも、正直な気持ちを上手く伝えられないまま

一方的に手紙を送りつけたので、

彼は突然、私が離れていったと思ったのでした。

 

他の男性の影もにおわせた内容だったので、

ゆうにとって自分は、もう必要ではない。

彼は、そう感じ取ったかもしれません。

 

極端なことをして、振り向いてほしかっただけなのに。

 

結果的に、彼をひとりぼっちにさせて

傷つけて、悲しませたのは、ほかでもない私。

 

彼に相応しくないなんて、

所詮、自分の弱さを見せたくないだけ。

格好悪いところを知られたくないだけ。

 

彼のためでもなんでもなかったわけです。

 

再会して、恐る恐る、自分の弱さを少しずつ見せていった時、

彼が、昔よりずっと愛しく思うと言ってくれて

ちょっと拍子抜けしたのを覚えています。

 

なんだかとっても遠回りしたねと。

 

ややこしくしていたのは、

ほかでもない自分たちだったんだねと。

 

たとえばもし、相手の気持ちを確認することなく

相手のためを思って行動に移そうとしていたら

まず、逆の立場で考えてみてください。

 

自分が同じようにされたら、どう感じるか。

 

嬉しければGOサイン。

当然、悲しければSTOPです。

 

悲しいけど、いやいや、やっぱりそれでもGOとか

ごねないでくださいね(笑)

 

相手のために身を引くって、何時代かって話です。

 

今ある条件とかすべて取っ払って。

 

既婚者とか

年齢差とか

子どもがいるとかいないとか

 

全部取っ払ったうえで、さあ、どうしたい?

 

ちなみに、私が昨年、

全部取っ払った結果、出てきた答えが

彼と一緒に住みたい、でした。

 

別に一緒に住まなくてもいいし

 

って言ってたのにです。

 

むしろ、そりゃ住めるなら住みたいでしょー

そんなわかりきったこと、今さら聞く?

 

って今なら開き直り(笑)

 

本音って、そんなもんですね。

 

ということで、頭で考えず、常識も取っ払って、

どう?って投げかけてみてください。

 

そこでポーンと返ってきた答え。

 

声に出して喜びに満ち溢れるようだったら、

それがおそらくあなたの本音です。

 

相手に自分の姿を見せることを、

どうか怖がらないでください。

 

あなたが自分の姿を見せることで、

相手もきっと心のうちを見せてくれるはずです。

数秘から見る、私の目指すところ

こんばんは。ゆうです。

 

このブログのタイトルにもあるように

私はずっと「33」という数字を意識してきました。

 

ちなみに、この33という数字は、

生年月日の数字をすべて足したものになります。

 

たとえば

 

1989年2月12日生まれの場合

 

1+9+8+9+2+1+2=32

 

ゾロ目にならない限りは、1桁になるまで足していきますので

 

3+2=5

 

となるわけです。

 

この「5」の部分が、私の場合は「33」

 

ただ、人ってそんなに単純ではありませんから、

「33」だったらみんなこう、というのはあり得ないわけです。

 

ざっくり傾向は似ていますけど、

誕生日だけでなく、名前も含め、

いろいろな数字の出し方があるので、

それらの要素が複雑に絡んできます。

 

だから、わかってくると、本当におもしろいんですけどね。

 

数秘を使って、自分を紐解くという作業を

今、しているような感じです。

 

私は、どうも周りの人が思う以上に

自分のことを知りたい欲求が強いようで。

 

自分の生きづらさも含め、これまでの人生がなぜこうだったのか。

そして、今後どうなっていくのか。

 

なぜ今、このような形で発信をしているのか。

 

そういうことがすべて繋がってきました。

恐るべし、数秘術

 

私の場合、ちょっと風変わりな宇宙人っぽい才能を生かしながら、

オンリーワンでありたい。

 

そこまでは、わかっていました。

 

ただ、この「オンリーワン」になりたいという自分を

素直に出せない時があって、

 

いや、別に、目立ちたいわけじゃないし とか

誰もいないからやっただけだし とか

斜に構えたり、時には拗ねてみたり。

 

なーんか、適当に扱われていると感じたら、

妙にもやもやしたり。

 

特に新しい場所の場合がそうですね。

声をかけてもらえないと、あれ?適当?

なんなら、私いらない?って思っちゃう。

 

そういうややこしい性格なんです(笑)

 

ツインの彼に対しては特に、顕著に出ますね。

誕生日忘れてた。はあっ?みたいな。

 

そんな自分を、この際、まるっと認めることにしました。

 

というのも、その先にある世界にどっぷり浸るには

オンリーワンでありたい自分を、

思う存分、味わう必要があるからなんです。

 

この1年で、周りのかたに対して、

レイキのアチューンメントをしたり

タロットで読み解いたり

数秘で読み解いたりという

 

今までとは違う新しい分野に、足を踏み入れました。

 

このブログを書き始めたのも、

新しい分野のひとつです。

 

そういった既存の枠を超えた時に見えてきたもの。

 

私の場合は、インスピレーションだったり、

メッセンジャーだったり。

 

見えるものと見えないものの橋渡しをする

役割だったんです。

 

オリジナリティを発揮しようとする時、

さらにストイックになっていくようです。

 

もはや自分ではない自分がそこにいて

何かに導かれるように、今、必要なことを提供していく。

 

その時が、とてつもなく充実して

喜びに満ち溢れているんですね。

 

ちなみに、そういう「その先にある世界」は誰でも持っていて、

困難さの違いはあれど、到達することは可能です。

 

自分の持っている才能や使命を知り、

何をすれば魂が喜ぶのかを知る。

 

そのサイクルがうまく行くようになった時、

「その先にある世界」への扉が開かれます。

 

今の私は、扉は開いているけど、

行こうかな、いや、やめとこうかな、くらいの状態(笑)

 

今日のお話がどこまで伝わるかはよくわかりませんが、

今後、「その先にある世界」への道筋を紐解くお手伝いも

少しずつしていこうと思っています。

 

ちなみに、私も彼も、

愛について、人一倍こだわりなり関心が強いことがわかりました。

 

彼の場合は、母性のような、包み込む愛。

私の場合は、自分の中で葛藤する愛。

 

愛を表現したくてたまらない人たちのようです(笑)

 

こんなややこしい私を包んでくれる彼の愛は

きっと尋常でない大きさ。

 

先日、彼にお願いされて、

私が自分で分析した私自身の鑑定書も渡しました。

 

彼が私への対応で困惑することも、

これできっと激減するでしょう。

 

めでたしめでたし(笑)