スピリチュアルナンバー33な生き方~私らしく思うがままに生きること~

誕生数秘術によるエンジェルナンバー33。自称「抑圧された表現者」が魂の伴侶と出逢い、心を解放していくブログ

自分の役割を見定めること

こんばんは。ゆうです。

 

今日は、メビウスダウンロードというものをしていただきました。

ameblo.jp

 

仕事を辞めてからというもの、セミナーなど

人からアドバイスをいただく系のものから遠ざかっていたのですが

天描画という形に残るものに興味がわきまして。

 

電話でお話ししながら描いていただき、数日中には届く予定です。

楽しみ♡

 

比火里さんとお話ししていて、

あーそういうことだったのねと思ったのは

 

先月、学校のイベントでステージに立っていた時、

友達になかなか気づいてもらえなかった理由。

 

以前と比べ、エネルギーがかなり変わったからだそうです。

 

たしかに写真を見ても、1年前とはまったく違います。

半年前とも違いますね。

 

ほんと、嘘みたいに、こちらから声をかけて

やっと気づいてもらえるという状態だったんですよ(^^;

 

しかも、この変化は、まだ始まったばかり。

 

どう変わるのか、まったく予測不能です。

 

それすらも、おもしろい。

 

以前の私だったら、どう変わるのか早く知りたかったし

ツインの彼との未来も決めてしまいたかった。

 

でも、今は、私がこの先、どんなふうに生きていくのか

楽しみに傍観している感じです。

 

また、答えは常に自分の中にあることや

高次元の存在と意識して繋がるといいと

アドバイスしていただきました。

 

セミナーに行かなくなったのも

新しく何か身につけようとしなくなったのも

すべて自分で導き出せると感じたから。

 

今、ちょうど

 

・削ぎ落す

 

・シンプル

 

という言葉がおりてきました。

 

また、最近感じていたことのひとつに

「役割」というものがあって。

 

おそらく私は、お金のやりとりを目的としない

サービスを受けたり提供したりするんだろうなと。

 

だから専業主婦という立ち位置が

一番しっくりくるようです。

 

わかりやすくいうとアンパンマンの世界?(笑)

 

もしくは、田舎暮らしで

ご近所さんに白菜をあげたらじゃがいもが戻ってきたとか。

 

古き良き時代の物々交換を進化させたようなイメージを

漠然ともっています。

 

で、これは偏ったイメージかもしれませんが、

専業主婦のお付き合いって

すごく狭い世界のような気がするんですよね。

 

職業人としての肩書がないから、

○○ちゃんのお母さんとか、誰それさんの奥さんとか

そういうところからの広がりしかない感じ。

 

それを打破します(笑)

 

打破っていうと強すぎますが、

社会的に認知度が高い人の中に、なぜか私もいる、みたいな。

 

実は今までもそういうシーンがあったものの

当時は肩書が曖昧かつ中途半端だったから

わかりやすく、傍からかっこよくみえる自己紹介をしちゃったりして。

 

でも、もうそれもいらない。

 

私が私であることに意味があるのだと思います。

 

あ、そういえば、今度の日曜、

彼が用事ついでに会いに来てくれることになりました。

 

待ってる時は来ないのに、ほんとおもしろいものですね。

 

苦しいほうを選ぶ必要はない

こんばんは。ゆうです。

 

娘たちはお出かけ。

今月はイベント続きなので、今日は休息日にしました。

 

最近、自由を体感しています。

 

来年の6月から夫の海外赴任先に住む予定でいますが、

すごくざっくりしてるんですよね。

 

渡航日程も、いつから準備を始めるかも、何もかも。

 

今までは、早く予定が決まらないと落ち着かなくて

イライラしていました。

 

でもそれは、自分に決定権がなかったからだということに

気づいたんです。

 

決定権がなかったから、というか

決定権を明け渡していた

 

というほうが、より近いかもしれません。

 

自分で決められることに気づくと気楽なもので

予定はどうでもよくなりました(笑)

 

 

私自身もそうですが、

人は知らず知らずのうちに、自分に制限をかけています。

 

ツインとの道のりも、本当に苦しいのだろうか

 

という疑念が、今の私の中にはあります。

 

どこかで

 

苦しくなければいけない

 

と思ってはいないでしょうか。

 

それが既婚者であれば、

なおさら苦しさに陥りそうな気がします。

 

私の場合、ツインの彼とは相変わらずですが

最近になってLINEでのやりとりも始めました。

 

私が自分のステージの動画を

彼に見せたかっただけなんですけどね(笑)

 

LINEでは深刻な話は一切しません。

スタンプで遊んだり、動画を共有したりするくらい。

 

既読も、さほど気にならなくなりました。

 

先月、彼が風邪をこじらせて、なかなか復活しなかった頃は

こっちまで引きずられそうなくらいネガティブでしたが(^^;;;

 

体調が良くなってきたのか、最近は動画を送ると、

自分も何かやってみたいと言うようになりました。

 

彼を直接どうにかしようと思うのではなく

私は私の進みたい道を行く。

 

生きていることを思う存分楽しむ。

 

結局は、それが近道なんじゃないかと思います。

 

 

 

 

 

 

 

本音を隠すのは、もうやめましょ

おはようございます。ゆうです。

 

今日はネイルとカイロプラクティックデー。

やっとこさ、ご機嫌になってきました♡

 

というのも、いまいちだった原因はこれ↓

ylifestyle.hatenadiary.jp

 

昨日から喉が痛くなってきて、

絶対これはストレスだなと思い(笑)

 

来月会う予定にしていたけど、行かないほうがいいのかってことと

不安に思っていることをメールで伝えました。

 

もやっとして会いに行くのも、気が進まないですしね。

 

私の推測が当たっているとするなら

先日私が送ったメールの内容で固まってしまい

返事が書けないんだと思います。

 

だって、本音を書いてこないんですもん。

 

だから、つじつまが合わなくてイラッとしちゃう。

 

私が海外に行くのが自然の流れとか

私が導かれて行くとか書いてくるんですけどね。

 

今、中3の娘がいますし、なんなら病気の母もいますから、

一般的に考えたら、残るほうを選ぶと思うんです。

 

もしくは、娘を連れていくか。

 

私が行かざるを得ない状況だということにしたいのかなと。

 

でも、まったくそんなことないし(笑)

 

行くから彼を見捨てるということにもならないし

むしろ現地での様子を伝えたり、写真を送ったり

今よりずっとコミュニケーションをとりたくなると思うんですよね。

 

そんなこんな話を会ってしたかったのですが、

まあ、この調子だとどうなるかわかりません(^^;;;

 

めんどくさいですねー、ほんとに。

 

連絡が来るかどうかでやきもきするなら

いっそのことコンスタントに連絡をとるというスタイルすら

やめようかなと思ったりします。

 

結局、そうしたとしても、彼のことは日々想うだろうし

実はあんまり変わらない気もして。

 

別れるという感覚がないのは、

きっとこういうことなんでしょうね。

ツインとのことだけうまくいかない。そんな時は・・・

こんばんは。ゆうです。

 

ここ数日

 

「あ、これを書こうかな」

 

と思いつつ書けてなかったので、

本日、まとめて大放出です(^^;;;

 

先日、LINE友達と、こんなことを話してました。

 

もともと私が

 

「お金とかビジネスとかの悩みって

 今、まったくないんだよね~」

 

と言ったことがきっかけ。

 

そもそも、今、ビジネスにまったく関心がないし

お金は何とかなるかなと。

 

そうしたら、友達が

 

「私はあるよ、悩み」

 

と言うのです。

 

仕事も順調だし、お金も大丈夫だし

何が悩み?と思っていたら

 

どうしてもツインの彼とのことだけは

上手くいかない

 

とのこと。

 

それって、本当にそうなのかな。

 

ということで、話を展開していきました。

 

相手の人とは、もう1年以上音信不通。

 

相手が自分のSNSを確認している様子は伺えるけれど

自分が見に行こうとしたらブロックされている。

 

この状況だけで考えたら、

一見、上手くいっていないようにも思えます。

 

でもね、たとえば

彼女が集中できるように距離を置いてくれていたとしたら

話は違ってきます。

 

特に、彼女のところは、おそらくツインレイなので、

見えないところで繋がっている

というよりも、ダダ漏れ状態らしい(笑)

 

ということは、彼女が

上手くいっていないと思えば、それが相手に伝わり

ほんとに上手くいかなくなる。

 

卵が先かにわとりが先か、みたいな感じになってしまいますが、

彼女の想いひとつで、すべては変わっていくんじゃないかと思ったのです。

 

彼女が信じれば、すべて上手くいく。

 

その話をした直後、

エンジェルナンバー「8888」と「2552」を立て続けに見たそうです。

 

来た来た来た!って感じ。

 

見えている世界って、本当に限られていて

時に振り回されることもありますけど

見えない繋がりをいかに信じられるか

 

ツインの関係って、常にそこが試される気がします。

 

良くも悪くも、自分の世界は自分が創っている。

 

その仕組みさえわかれば、

思い通りに変えることができるのだと、私は思います。

枠から外れた生き方

こんばんは。ゆう@三連投です。

 

台風も過ぎ去り、晴れ間が出てきたかと思いきや

あっという間に日が暮れてきて。

 

ベランダ越しに、重い雲の変化を楽しんでいます。

 

家に引きこもっている間、

どんな生き方がおもしろいだろうと考えていました。

 

これまで長年、働くのが当たり前と思っていた私。

 

専業主婦になってみて

ことごとく常識を崩してみたくなりました(笑)

 

たとえば

 

なんかよーわからんけど、お金が回ってます とか

 

ごく普通のサラリーマン家庭で子どもが3人、

家は賃貸、学費もかかりますけど、なぜか優雅です とか

 

特別何かをしているわけじゃないけど、

なぜか凄い人たちに囲まれてます とか。

 

でも、私は、ふつーの専業主婦。

 

 

これが起業してバリバリ働いてる女性だったら

まあ、さほど珍しくもないでしょう。

 

専業主婦だということで、おもしろみが増すのです。

 

 

とはいえ、凄い人と知り合うために

どこかに顔を出そう!という気はまったくなく(笑)

 

なんか知らんけど、たまたま縁があった人が

凄い人になってたとか、そういうパターンじゃないかと。

 

隠れ大物との出会いです。

 

今、世間的に凄い人が、今後生き残るかどうかは未知数で。

 

これだけ世の中の有り様が変わっていっている以上、

新しいスタイルにそぐわない人は淘汰されていくと思うんです。

 

多分、現時点で知り合っている人も

これから知り合っていく人も

前途有望、大成していく人ばかり。

 

そういう確信だけがあります。

 

自分自身がどうなっていくかは、さっぱりわかりません。

 

コンサルティングをするわけでもなく

コーチングをするわけでもなく

 

私を好んでくれて、私のテリトリーに入ってきてくれる人と関わり

思うことを喋ってる間に、相手の問題がクリアになって、

どんどん進んでいく。

 

 

私は、ただそれを見守るだけ。

 

なんとなくそういうイメージができつつあります。

 

 

行動基準は、あくまでも「おもしろい」

これだけ。

 

何もしてないけど、これからが楽しみです♡

彼のために動く人生はいらない

こんにちは。ゆうです。

 

久しぶりに、ツインの彼の話をいたしましょう。

 

実は、金曜日から連絡が途絶えています(笑)

 

普段なら、そこまで気にしないのですが、

今回は返事がしづらいのかも、と思っていたりして。

 

というのも、彼の何気ないメールに対して

私がイラっとし、そのことを伝えたからです。

 

経緯は、ざっくりとこんな感じ。

 

彼の元上司が、単身赴任先で急になくなったとのこと。

そのかたは、うちの夫と同い年。

 

50歳を過ぎてからの単身赴任は危ないから

ゆうが海外赴任に同行するのも何かに導かれたように思った。

 

そんなメールをもらって最初に思ったのは

 

縁起でもない

 

でした(^^;;;;

 

なくなったかたや残されたご家族が気の毒とか

そういう当たり前の話はとりあえず置いておいて

 

いやいや、私は、夫のお世話をするために行くんじゃないし

そんな心配するなら、最初から単身赴任させてないし。

 

心配を原動力にすると、増幅するというか

やっぱりそういう波動になってしまうと思うんです。

 

実際、彼からこのメールをもらうまで、

夫が心配だからとか、これっぽっちも考えてなくて(笑)

 

ただ、おもしろそうだから行こうかな~

 

それだけだったんですよね。

 

ぶっちゃけ、つまらなくなったら帰ってくるし

という、なんともお気楽な発想でした。

 

だから彼には、そのまんま伝えたんですけど、

返事が来ないという。

 

シンプルに仕事が忙しいだけなのかもしれませんし、

やっちまったと頭を抱えているかもしれません。

 

私が行ってしまう寂しさを紛らわせるために

もっともらしい理由をつけたいのかもしれません。

 

知らんがな(笑)

 

どうせなら、夫の心配より

私の心配をしてくださいって書いておきました。

 

彼のことがどれだけ大切でも

私の行動は制限されないし、

彼のために決めることは何ひとつないのです。

 

だって私の人生だから。

 

さて、今日は返事が来るかしら。

普通への憧れ

こんにちは。ゆうです。

 

専業主婦宣言をした途端、インプット欲がすっかり失せて

申し込んでいたセミナーなど、すべてキャンセルし

歌うのと踊るの以外は、基本的に家で過ごしています。

 

普通ってなんなんだろう

 

昔からよくそんなことを思っていました。

 

自分は普通ではないと思っていたし

普通になりたくないとも思っていました。

 

昨日、LINE友達と話していて、行きついたのは

 

「周りとは違う選択をするのが、ゆうさんの使命」

 

なるほど。

 

そのためには、傷だらけで思うようにならない左足を

そのまま受け入れて大切にすることが必要とも言われました。

 

私自身、受け入れているつもりだったけれど

迷惑をかけず人並みに歩けるようにとか

常に考えて生きてきたんですよね。

 

普通を嫌っていたはずの私が

普通に一番憧れていたわけです。

 

昨日、うつらうつらしている時

そのことに気づいて

 

へーーーーーーーー

 

って感じでした。

 

まあ、そもそも普通って、なんなんだろう

 

というのは未だに残っているけれど、

少なくとも私の足はこのままでいい。

 

これまで治らなかった理由も、なんとなくわかった気がします。

 

小さい頃、ひいおばあちゃんがよく、

兄に向かって言っていたことがあります。

 

「ゆうは足が悪いんだから、そんなことするな」

 

うちの兄のことだから、

ちょっかいでも出してたんでしょうね(笑)

 

それと似たようなことが、昨日、聞こえてきたんです。

 

「ゆうは足が悪いんだから、何もせんでええ」

 

ひいばあちゃん、すごい。

 

そう、私は何もしなくても

そのまま、いてよかったんです。

 

頭ではわかっていても、

腑に落ちてないことって本当に多い。

 

しばらくは、どっぷり内観したいと思います。