読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スピリチュアルナンバー33な生き方~私らしく思うがままに生きること~

誕生数秘術によるエンジェルナンバー33。自称「抑圧された表現者」が魂の伴侶と出逢い、心を解放していくブログ

どうして愛情表現をしないの?

こんばんは。ゆうです。

 

昨日のバレンタインデーのお話。

 

ここ3年ほど、当日ではないにしても

毎年、ツインの彼にチョコレートを渡すタイミングがあったのですが、

 

今回は3月まで会う予定がないので、

シンプルに「愛しています」とメールで伝えてみました。

 

夜に届いた返事は、

 

いつもありがとう。

いてくれてありがとう。

 

うん。そうだね。

 

・・・

 

でも・・・

 

最近、愛情表現はしないよね(^^;;;

 

私が感じるに、昨年の5月、私が彼に対して

「将来一緒に住むって決めたから」宣言をしてから

愛情表現をしなくなったような気がしていて。

 

私の中では、彼が「愛している」と発することの重みを実感して、

言えなくなったのかと解釈していました。

 

だけど、今から思えば、そのもやもやが、

夏の荒ぶる私を作る原因になったようで。

 

で、ふと、どうして愛情表現しないのか

この際、聞いてみちゃえ!って思ったんです。

 

返事がどうであろうと、そのまま受け止めようと。

 

こういう質問の返事は、私が攻撃的でない限り

結構、早くに返してくれます。

 

彼の返事は、こんな感じでした↓

--------------------------------------------

もちろん愛してるよ。

 

スピリチュアルなこととか、めちゃポジティブな行動とか、

領域を拡げて行く姿とか、深みを増していく姿に

圧倒されてたのかもしれないね(^^;

---------------------------------------------

 

あー、これって、少し前に個人セッションで言われた、

彼と私の温度差だと思いました。

 

こちらのページでも、置いてけぼりにしてしまっていた

彼のことに触れています。

ylifestyle.hatenadiary.jp

 

彼との未来を思い描いて邁進しようとしていたはずが、

自分に集中したいがために、

 

一時的にでも完全に連絡をとれなくしたほうがいいんじゃないかとか

思ってた時期がありました。

 

彼の仕事を応援しようという気持ち。

私が自立したいという気持ち。

 

そのこと自体はよかったけれど、

今から思えば、昭和チックに、

無理な負荷をかけようとしていたような気がします。

 

彼に聞くこともなく、会わないほうがいいとかね。

 

で、私がそう決めたことで、

彼が会おうと試みても、タイミングがまったく合わず

9か月間、会うことはできませんでした。

 

私から会いに行こうとはしていなかったけれど、

彼が段取りしてくれたら会う気ではいたんです。

 

でも、良くも悪くも、私の望みが叶ってしまって。

 

今回、彼と会うことを自分に許したら、

あっさり会うことが決まり、

 

変な気遣いもやめて、素直に聞いてみたら、

彼の気持ちを知ることができました。

 

見えない繋がりから感じ取るのは

もちろん大事だと、今でも思っています。

 

だけど、それだけをするのであれば、

完全分離になっているはずなのに、なっていない。

 

連絡がとれる状況ということは、

リアルにコミュニケーションも取りつつ、

 

見えない部分も信じて、一緒に歩むことが

私たちにとって必要であり、ベストな方法なんだと

あらためて思いました。

 

ただシンプルに分離したほうがいいのであれば、

完全に連絡すらとれなくなると思うんですよね。

約20年離れていた時のように。

 

今のこの環境で、どうやったら寄り添っていけるか。

 

少しでも妥協しようとすると、あぶり出されて

より研ぎ澄ますように調整されます。

 

大きく揺さぶられることはないまでも、

微調整は常に続いている感じです。

 

ツインソウルの関わりは、本当に奥が深い。

 

そうやって、ひとつひとつ気付きながら、

ゆっくり共に歩んでいくのが、

私たちにとって最良の在り方なのかもしれません。