読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スピリチュアルナンバー33な生き方~私らしく思うがままに生きること~

誕生数秘術によるエンジェルナンバー33。自称「抑圧された表現者」が魂の伴侶と出逢い、心を解放していくブログ

共に歩む

こんばんは。ゆうです。

 

昨日の立春

私にとって、ひとつの節目の日になりました。

 

節分の日のこと。

 

数秘やマヤ暦をベースに、彼の家族との関係などをトータルで見て分析し

書き綴ったものを送り↓

ylifestyle.hatenadiary.jp

 

彼から、

 

本当にたくさんのヒントやキーワードが含まれた

メッセージをありがとう

 

って返事をもらいました。

 

喜んでもらえて嬉しいと同時に、

 

私が最近、エネルギーワークに本気で取り組みたいと思ったのは、

彼と深く深く繋がりたいという気持ちが起点になっていることに

あらためて気づきました。

 

彼がエネルギー不足の時は、自然と私からエネルギーを送ったり

まるでひとつの体のようにエネルギーを共有する。

 

それくらい、ひとつになりたいと思いました。

 

そのためには、もっともっと精度を高める必要があります。

 

今まで、進む道は見えてきていたものの、

どうしてそうしたいのかがわかっていなくて。

 

これでカチッとはまりました。

 

そういう私の気持ちが伝わったのかどうなのか。

 

彼との繋がりについて書いたメールを送った後、

洗濯物を干していたら、かなり強いメッセージが彼から届き。

 

強いというより、一生懸命といったほうがいいかな。

 

私が彼との未来像を描いて動いているのに対し、

彼は自分が動けないことに負い目を感じていること

 

そのことを、必死で謝っていました。

 

また、あふれんばかりの愛を送ってくれて、

置いていかないでって。

 

それを受け取った途端、涙が止まらなくなりました。

 

今も書いていて、うるうるしてますが(^^;

 

安心して。大丈夫。待ってるから。

 

と、ハグして、彼の頭をなでました。

 

彼からのエネルギーをダイレクトに受け取ったのは

今回が初めてです。

 

一歩前進したような気がしました。

 

私は彼を置いてけぼりにするつもりは、まったくなかったけれど、

 

私は私で頑張るから、あなたも頑張って

 

だけで、放置プレイになってたのは事実。

 

もっと寄り添う必要があったみたいです。

 

一時期、本当に彼が必要なのかな、という迷いも出たりしましたが、

彼がいるからこそ、私が開くこともわかりました。

 

だから、これからは、彼にエネルギーを送りつつ、

リアルなサポートもしつつ。

 

彼を包みながら、共に歩みたいと思います。