読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スピリチュアルナンバー33な生き方~私らしく思うがままに生きること~

誕生数秘術によるエンジェルナンバー33。自称「抑圧された表現者」が魂の伴侶と出逢い、心を解放していくブログ

わかってもらえないと感じる時

ズバリ!生き方 ツインソウル

こんにちは。ゆうです。

 

私の経験も含めてのお話です。

 

ツインソウルと出会っているかたは、

 

わかってもらえない

 

と感じることが、

そうでない人よりも多いのではないかと思います。

 

わかってほしいのにわかってくれない

 

それがツインのお相手を始め、

とても身近な人だと、辛いですよね。

 

私は昨年の夏、この行き違いから、

母や兄、ついにはツインの彼とまで、衝突しました。

 

結果的には、衝突してよかったと思っていますが、

それは何よりも、

自分が天狗になっていたことに気づけたから。

 

天狗っていうと、ちょっとニュアンスが違うかな。

 

これだけ頑張ってるのに、何でわかってくれないの?

精一杯やってるのに、何で私から歩み寄らないといけないの?

少しくらい、歩み寄ってくれたっていいじゃない

 

そんな感情があったと思います。

 

今から思えば、暴君のようでした。

 

私が頑張るのは、私がそうしたいからのはずで、

相手には何ら関係のないこと。

 

私がわかってほしいと思うのと同じように、

相手もわかってほしいと思っていること。

 

自分の気持ちばかり押し付けて、

相手が自分の思い通りになるように、コントロールしたかった。

 

場合によっては、私を怒らせたことを後悔させて

謝らせたかった。

 

近しい間だからこそ、起こり得ることでもあります。

 

例えば、離婚することを親に反対された時。

 

決して憎くて反対しているわけではなく、

我が子を思うがゆえの行動だと、私は思うんです。

 

だから諦めなさいと言っているわけではありません。

 

むしろ諦めないでほしい。

 

親がどのような気持ちで反対しているのか。

自分はどう感じて、どうしたいのか。

 

対峙する相手の気持ちを汲み取りつつ、

自分を貫いていけばいいと思います。

 

親子とはいえ、育った環境も時代もまったく違うわけですし、

ましてや、親の経験値からのフィルターを通して、

見ているケースがほとんどだと思います。

 

わからなくて当たり前。

 

でも、どうせわかってくれない、と思うのと、

わからなくてもいいよって許すのとでは、

やっぱり違うと思うんですよね。

 

私もセッションでアドバイスを受けるまでは、

まるっきり私が正しいと思ってましたから。

 

で、正直悔しい思いもしました。

 

みたいなことを、以前にも書いたことがあると思うのですが、

セッションをしてくださっているかたが、

私のブログを読んで、

 

そんなこと思ってたんだー

 

って笑ってました(笑)

 

だってね、3人と衝突して、疲労感満載、

泣きすぎて顔はぼろぼろ。

 

で、すがりたいと思ったセッションで

 

相手の喜ぶことを考えてみましょう\(^o^)/

 

ですよ。

 

えーっ、勘弁して~。

何で私が?

これ以上どうしろと?って感じ。

 

でも、結局、このことが潜在意識にガツンと響き、

冷静になった3時間後くらいには、もう行動に移してました。

 

核心をつかれると、最初は守ろうと思って、

心の中で猛反発するんですよね。

 

で、無言になるというのが私のパターン。

 

だけど、そうしたほうがいいというのもわかってる。

 

最近はずいぶん素直になったのか、

無言の時間も短縮されたようです(笑)

 

わかり合えたら、もちろん嬉しいことですが、

たとえわかり合えなかったとしても、相手の気持ちを尊重する。

 

すべて自分の関わり方次第です。