読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スピリチュアルナンバー33な生き方~私らしく思うがままに生きること~

誕生数秘術によるエンジェルナンバー33。自称「抑圧された表現者」が魂の伴侶と出逢い、心を解放していくブログ

安定という名の怠慢に陥ってませんか?

こんにちは。ゆうです。

 

ツインの彼と約20年ぶりにリアルで再会したのが、

ちょうど3年前の今日でした。

 

お互い写真で顔は確認していたものの、

なにせ若い時に会ったっきりなので、かなりの緊張っぷり。

 

会う前は、

 

「興奮して、いきなりハグしちゃうかも~♡」

 

なんて調子に乗ってた自分はどこへやら、です(笑)

 

彼は彼で、普段は遅刻魔なのに、

この日は、緊張から、あまりにも早く家を出すぎたらしく

待ち合わせの駅で、ドキドキしながら待っていたようでした。

 

私はメガネいらずの視力なので、

改札口の向こうで待っている彼にすぐ気づいたのですが、

彼はなかなか気づいてくれず(^^;

 

手を振りながら近づいていき、そろそろ手が届きそうというあたりで

やっと気づいてくれました(笑)

 

その時の表情は、いまだに忘れることができません。

 

なんていうんでしょうね、

生き別れてた恋人と再会したような、そんな感じ。

 

たしか握手をしたのですが、握られた手が痛いほどで、

20年の空白の重みを実感したのでした。

 

 

で、3年後の今日。

 

最近、仕事が忙しくてつれない感じなので、

メッセージでネタをふってみたところ、

ちゃんと覚えてると言わんばかりの詳細メールが届き。

 

それまでは、

 

「もういい、めんどくさい」 

 

と思っていても、そういう返信があると、

ころっと機嫌が直ってしまうので、

私も、かなり単純にできています。

 

私のよく言う「めんどくさい」というのは

自分がもやもやするのが「めんどくさい」んですよね。

 

彼がめんどくさいわけではなく

自分の感情を持て余して、めんどくさくなるわけです。

 

私の場合、ふだんは男性性優位なので、

たとえば女の子で一緒にトイレに行く~とか、あり得ないのです。

そんなことしたら、トイレ混むし。

 

そういえば、あまりにもトイレが早いから、

「立ってしている疑惑」が浮上した時もあったような。

 

いかにスピーディーにトイレを済ませるか、

実験していた時もあったくらいですから。あほですね。

 

まあ、それはさておき。

 

そういう女性性と向き合うのが、いささか面倒だったりするのですが、

最近は「そんな自分もかわいいかも」と思い、

寂しいとか会いたいとか、

とりあえず言ってみるようにしています。

 

ふだん離れている分、言わなきゃ、わかんないですからね。

 

どう書くか迷いましたが、

やっぱりストレートに感情を出すのが一番。

 

彼も慣れたもんで、昔は謝ってきてたけど、

うまく私の気持ちをそらす術を身につけたようです。

 

で、まんまとその手に乗っちゃう私。

 

返事が来るまでは、

 

「手抜きしないでよ。これって安定という名の怠慢でしょ!」

 

くらいの勢いだったんですけどね(-_-メ)

 

倦怠期を逃れる一種の儀式みたいなもんです。

 

魂の伴侶って言ったって、生身の人間だし

生きてるのは「今」ですからねー。

 

美しく過ごすのはやめて、とことん正直に生きたほうが

私らしいんじゃないかと思う、今日この頃です。