読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スピリチュアルナンバー33な生き方~私らしく思うがままに生きること~

誕生数秘術によるエンジェルナンバー33。自称「抑圧された表現者」が魂の伴侶と出逢い、心を解放していくブログ

かわいそうな私を演じたいですか?

こんにちは。ゆうです。

 

いかん、書こうとした途端に

猛烈な睡魔に襲われています(^^;;;

 

私も、気分が落ちている時、ついしてしまうのが

 

かわいそうな自分を演じること。

 

たとえば、事実は決してそうではないのに、

勝手に思い込み

勝手に彼を悪者にし

自分が被害者になって

 

私って、かわいそうーーーー(T_T)

 

私から見る側面と、彼から見る側面は

明らかに違っていて

 

積極的に、しかも相手を受け入れる気満々で

コミュニケーションを取っていかないと

とっても間抜けな状態になってしまうのです。

 

ということが、ここ数日で、あらためてわかりました。

 

たとえばね。

 

彼が「ゆうは、なんでもポジティブに捉えられるのがいいところ」

 

と言ったとしましょう。

(実際、昨日、似たようなことを言われました)

 

そんな、いっつもポジティブって、

なんだか何も考えてないみたい

 

という反応が、テンション低い時の私(笑)

 

ってことで、昨日はその件について、

長文メールを書いて送っておきました。

 

めんどくさいですねー。あはは。

 

そしてさらに。

 

GW中、なんだかんだ言いつつも、息子さんたちに振り回されて

くたくたな状態だった彼。

 

自由な時間がほしいと毎年思いつつ、振り回されるのが自分の役割と言い

でも、ぐずぐず言ってるので

 

世話したいなら世話したいで、きっぱりそうすればいいじゃん

 

と、イライラ炸裂。

 

あ、これは本人には言ってませんので、念のため。

 

で、ふだん社会で闘っている息子たちの安らげる場が

実家であるのなら、好きにさせてやろうと思ったそうで。

 

うん、まあ、いいんだけど。いいんだけどね。

 

実家がそんなに居心地良いと、自立の妨げになるべ。

 

あ、これも言ってません(笑)

 

彼の家庭のことにまで口を出すのは範疇超えてますから。

逆に、私が家庭のことについて言われたら、カチンときますしね。

 

何より、そうやっていつも周りを優先して

自分のことを後回しにしてていいの?って思ったわけです。

 

私とのことはどう考えてるんだろう、とか。 ← 結局、ここが重要です。

 

息子さんだっていずれは結婚し、子どもができるでしょう。

 

そうしたら、今度はきっと孫の世話。

 

そのこと自体はおめでたいけれど、

私はずっと優先順位低だなと、ふと思ったわけです。

 

もともと先が見える関係でもないのですが、

なんなんだろう・・・と思っちゃって。

 

せっかく昨晩、いい感じで眠れるかと思いきや

寝る直前にそういうメールをもらったもんですから、また揺れ始めて。

 

少し考えてから、こんなメールを書いてみました↓

 

> 自己犠牲の上に成り立つものでなければ

>(息子さんの世話をすることも)いいと思いますよ。

 

> ただ、ふと、本当に将来一緒にいられるのかどうか、

> 初めて不安になりました。

 

上品に拗ねてみました(笑)

 

返答に困るのがわかっていて、あえて書くという。

結構、意地悪ですね、私。あはは。

 

まあ、たまには一緒に困ってもらうのもいいかなと思って。

 

そうしたら、案の定、早くに返事がきて

 

「会いたいね」

 

と一言。

 

これね、実は2日前だったかに、私が言った言葉なんです。

それに対して、彼の返事は「うん」だけ。

 

ここに来て「会いたいね」返しは、正直ずるいなあと思いました。

 

それが今の彼の精一杯の答えだとわかっていても。

 

しかも、仕事が忙しすぎて

休みが取れないこともわかっているので

 

「うん・・・でも、しばらく会うのは難しいでしょ」

 

と返して、今は待ちの状態。

 

返答に困ってるのかもしれません(^^;;;

 

メールを送る時点では、私のテンションも低かったけれど、

今は普通ですし、送ったことに対する自己嫌悪も特にありません。

 

これが以前だと、感情にまかせて送ったメールで

どーんと落ち込んでいたのですが。

 

たとえ彼が相手だとしても、

我慢して「かわいそうな私」になりたくないんですよね。

 

ここから3段くらい上がって

 

「彼に尽くされる私」

 

を目指しているんですけれど、

その方法が、いまだよくわからず。

 

会っている時は、本当に良くしてくれて

それはそれでとっても嬉しいんですけど

彼から会いに来たくなる私でありたい。

 

なんだか、アイドルのキャッチコピーみたいですね(笑)

 

とりあえず、今晩、どういう返事が来るか

待ってみようと思います。