読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スピリチュアルナンバー33な生き方~私らしく思うがままに生きること~

誕生数秘術によるエンジェルナンバー33。自称「抑圧された表現者」が魂の伴侶と出逢い、心を解放していくブログ

体調が悪い時の危険な妄想

こんにちは。ゆうです。

 

4日ぶりの更新でしょうか。

 

実は3日、フラダンスのステージに

上がったところまではよかったのですが、

その後、急に具合が悪くなってしまい、夜38度近い熱。

 

最初は

 

一日で下げてやる~ うぉ~

 

って感じだったんですけど(笑)

 

冷静に考えると、1週間前から体調が悪かったのに

騙し騙しここまで来ていたので、

そんなに都合よく復活するわけもなく(^^;;;

 

結局、昨日のステージは断念し、

ひたすら寝てました。

 

今朝は、食欲も戻ってきたので、

今は水分をどんどん取りながら、来週に向けて微調整しています。

 

咳と鼻づまりで、寝ているような

寝ていないような状態が続いていた時。

 

体がしんどいと、

考えることもネガティブになってくるわけです。

 

単身赴任中の夫は、知らぬ間に料理までできるようになっていて

私が食べたいものをさくっと準備してくれるし。

 

かたや、一応具合が悪いことはメールで伝えたものの

彼からの返信はなく。

 

これってなんなんだろうなあ・・・

寄り添うってどういうことなんだろう・・・

 

と、熱でぼーっとしている頭で

どんどんよからぬ考えを進めていきました。

 

そもそも具合が悪いんだから、

何も考えずに寝ときなさいって話ですよね(笑)

 

で、

 

なんかもうどうでもいいかも

 

すんごい幸せにならなくても

今のままでいいかも

 

というところまで行きつき、

とりあえず彼にメールしようと思いました。

 

メールの文章なんて、丸1日頭の中を巡ってましたし。

そりゃ、熱も下がりませんね(^^;;;

 

さんざん考えた挙句、メールには、

 

熱が出て5日のステージには出られなかったこと

 

ふだんは返事がなくても気にならなくなったけど

具合が悪い時に返事がないと、放っておかれた気分になるということ

 

久しぶりに、寄り添うってどういうことなのか

考えさせられたということ

 

昨晩寝る前に、これだけ書いて送ってみました。

 

でも、結局眠れずにいたら、

夜中の1時頃、返信が。

 

そんなに具合が悪いとは気づきませんでした。

 

今日は、昼過ぎまで仕事をした後、

夕方からイベントを観に行ったら、

フラダンスのステージがあったので、

ゆうの姿と重ねて、しばらく見入ってました。

 

こういうことも、都度伝えなきゃダメですね^^

 

 

・・・

 

あまりに呑気な返事で、拍子抜けしてしまいました(^^;;;

やっぱり、具合の悪い時に、考え事をするもんじゃないですね。

 

まあ、たしかに、すでに具合が悪い状態で、

3日の満面笑みのステージの写真を送った後、

熱が出たから1日で下げる宣言のメールを送ったので

伝わらないのも無理はないかも。

 

私も、状況がわかるとげんきんなもので、

病状をこと細かく説明したあと、

もっと上手くなったら観に来てくださいと伝えたら

最前列で観たいと言ってました。

 

それはそれで変な汗をかきそう・・・(^^;;;

 

付き合っていた頃にも、ダンスはしていたけれど、

その時は、まったく興味を示さなかったし、

離れるきっかけのひとつにもなったせいか、

再会後も、あんまり受け入れてくれる感じではなかったんですよね。

 

それがフラに関しては、動画や写真を送るたびに

絶賛してくれるので、毎度びっくりします。

 

そんなこんなで、やっぱり思い込みは、いまだに多いこと。

 

でも、以前よりは多少可愛く、角を立てず

素直に伝えられるようになったこと。

 

少なくとも、我慢はしないほうがいいこと。

 

そのあたりを学んだ連休でした。

 

あとは、自分の体のサインには応えること。

これも大事ですね。

 

熱を出して寝込んだのは本当に久しぶりで

毎朝しんどいと思いながら、

無理して動き続けた結果だと、つくづく思いました。

 

もともと健康なほうですが、体力はあまりないんですよね(^^;

 

本来は、1日外出したら、翌日は家で過ごすくらいが

私の体にも心にも、ちょうどいいペースなので

 

今以上に「すること」と「しないこと」の切り分けをしていくことが

必要なのかもしれません。

 

今回は、それを認識するための強制休養ということで

明日1日は、マイペースに仕事をしつつ

家でゆっくり過ごそうと思います。