読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スピリチュアルナンバー33な生き方~私らしく思うがままに生きること~

誕生数秘術によるエンジェルナンバー33。自称「抑圧された表現者」が魂の伴侶と出逢い、心を解放していくブログ

置き去りにした感情

こんばんは。ゆうです。

 

今日は、朝はメイクモデル(要するに練習用の顔提供)

午後はフラダンスの練習後、

明日の本番に向けて準備をしていたら

あっという間に、こんな時間になってしまいました。

 

そういう慌ただしい時間の中でも

ひとりになった時にふと、わき上がる感情があります。

 

ここ数日は特に、

過去、未消化だった感情が浮き上がってきました。

 

それは、若い時、彼と離れた後、

お付き合いした人との日々。

 

以前にも少し触れましたが、

私はその人からデートDVと思われる行為をうけました。

 

特に、性的な関係を求められることは

正直、苦痛でしかありませんでした。

 

決して相手のことが嫌いだったわけではありません。

 

でも、どうしても、愛情からというより

欲求をただ満たすため、

ともすれば征服欲からくるものにしか思えませんでした。

 

混沌とした中で、だんだん外に出ることも

人に会うことも怖くなり、

私は家から出られなくなっていきました。

 

その頃の辛かった想いがふと、

今頃になってわき上がってきたのです。

 

もうすっかり整理できたと思っていたのに。

 

それはきっと

自分の体を大切にできなかった痛み。

 

私の性に対する違和感が

レイプ未遂事件から繋がっていることに気づいた時ほど

号泣したり過呼吸になったりすることはありませんでしたが

 

今、出てきたということは、癒しが必要なんだろうと思い、

ゆっくりお風呂に入りながら、体を労わりました。

 

あの時は、大切にできなくてごめんね。

辛かったよね。

これからは大切にするからね。

 

そうすることで、わき上がった感情を引きずることなく

日常へと戻っていくことができました。

 

どこかで我慢して蓋をしてしまった感情は

時を経て、急にわき上がることがあります。

 

そんな時は、もうこれ以上、蓋をしないで、

出てきてくれたことに感謝し、

感情を出せた自分をほめましょう。

 

そのことで、またひとつ、救われることになるのです。

 

どんな感情だって大切。

 

それもまた、あなたの一部。

 

私も少しずつ丁寧に、向き合っていこうと思います。