読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スピリチュアルナンバー33な生き方~私らしく思うがままに生きること~

誕生数秘術によるエンジェルナンバー33。自称「抑圧された表現者」が魂の伴侶と出逢い、心を解放していくブログ

愛のカタチと自己開示

こんにちは。ゆうです。

 

昨日、今日と出たり入ったりの状態で、

また更新が滞りつつあります(^^;;;

 

書きたいことはたくさんあったはずなのに。

 

あと1時間ほどで、また出かけるので、

それまでにひとつ思い出せるといいなと振り返り中・・・

 

・・・

 

・・・・・

 

あ、思い出しました(笑)

 

sopdet.com

 

昨日、みずほさんの記事を読んで、

私も以前、彼に同じようなことを伝えたのを思い出しました。

 

彼と私は、夫婦でもなければ、

何か約束を交わした間柄でもありません。

 

なにひとつ保証もなく、

一見不安定で、もろい関係。

 

普段、会えるわけでもなく、

共通した何かに属しているわけでもない。

 

三次元だけで考えるとすれば、

どちらかが諦めてしまえば、そこで途切れてしまう。

 

そんな関係。

 

でもね。

 

そんな関係を、私たちは、あえて選んだ。

そう思うんです。

 

私たちの愛が、形に左右されないものであることを

体感したいがために。

 

そんなストイックな魂なのでしょう。

 

不安定だからこそ、繋がろうとするし、

相手を大切にしようとする。

 

たとえどんな状況下に置かれても。

 

だから、十分に体感しきったら、

一緒に過ごすのかもしれませんね。

 

本当は別のテーマにしようと思いましたが、

あえて続けて書きます。

 

昨日、今日とワークショップや

それにつながるランチ会に参加してきて

 

自己共感の大切さをあらためて感じたとともに、

自己開示というテーマを突き付けられました。

 

私はこのブログのような自己開示の場を得ることができ、

十分救われているのですが、

それもまた、すべてではないというか。

 

心のどこかで、

 

隠している自分

 

に対する後ろめたさが、時々、私を疼かせるんですね。

 

もちろん、なんでも言えばいいというものではないですし

タイミングもあります。

 

それでも、そう感じる自分がいるということは

まだまだ自己開示できるということ。

 

彼とのことを完全に公にするのは、

最後の砦になると思いますが、

それまでにもできることはたくさんある。

 

でも、できないと感じるのは、

おそらく人からどう見られるかといった私の恐れです。

 

昨日、ひとつ気づいたことがあります。

 

私は非常に現実的な人に、

ヒーリングやエネルギーワークをしていることを

伝えるのが、とても苦手だということ。

 

昨日の場合は、お医者さんでした。

 

しかも、お話を伺っていると、超現実的。

 

そりゃそうですよね。

お医者さんがふわふわしてたら、

患者さんも不安になりますから。

 

実際、ご自身も、そうおっしゃっていました。

 

ヒーリングのことは、たしかお伝えしたと思うのですが、

かなりぼかしたので

 

あ、カウンセリングみたいなものですね

 

で、あっさり終わりました(笑)

 

これもたぶん、過去のどこかで

否定されたことを引きずっているのでしょうが

それが何だったのかは思い出せないんです。

 

もしかしたら、母かもしれませんね(^^;;;

 

はじけたい自分というのは常にいて、

それを同じくらいのパワーで止める自分もいて。

 

あらためて「抑圧された表現者」とは

自分でもよく言ったものだなあと

他人事のように感心しています。

 

もうね。

 

ここまできたら、

そんなぐずぐずっとした自分も好きですよ。

 

それくらいの気持ちで、付き合っていこうと思います。

 

しかしまあ、なかなかまっしぐらには行かないもんですね(^^;

 

山を螺旋状に登るような感じなのでしょう。

 

同じ景色が繰り返されるから

自分の中では戻ってるような

進んでないような感覚になるけれど、

実は、着実に進んでいる。

 

本当に一歩ずつ確認しながらですけど、

それでも進めていることを喜び、自分をほめようと思います。