読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スピリチュアルナンバー33な生き方~私らしく思うがままに生きること~

誕生数秘術によるエンジェルナンバー33。自称「抑圧された表現者」が魂の伴侶と出逢い、心を解放していくブログ

親に感謝できない時

ズバリ!生き方

こんにちは。ゆうです。

 

昨日、タロット公開リーディング講座に参加してきました。

 

3人のかたのセッションを見せていただいたのですが、

そこで浮かび上がってきたのは

 

親との関係性。

 

問題の根源のほとんどは、親との関わりだと言っても

過言ではないと思います。

 

では、そういう時にどうすればいいか。

 

昨日、とても腑に落ちる言葉をいただきました。

 

それは、

 

産んでくれたことに感謝する。

 

私も3人子どもを産んでいますので、

体感としてわかるのですが、

本当にね、出産って命がけなんですよ。

 

自分の命をかけても、産んでくれようとした

 

そのこと自体が「愛」です。

 

産まれた後に、いろんなことがあったかもしれません。

 

親からの刷り込みで、長年しんどい思いをしたかたも

いらっしゃると思います。

 

それでも、立ち戻ってほしいんです。

 

じゃあ、お母さんには感謝できても

お父さんにはどうすればいい?

 

という質問も出ていました。

 

この世に産み出すのは母親ですが、

母親だけでは、源を創り出すことはできません。

 

父親と母親、二人が揃って初めて

この世に産まれてくることができるのです。

 

だから、半分は父親の遺伝子が入っている。

 

そんな父親を受け入れられなかったら、

自分の半分を受け入れられないのと同じことなんですよね。

 

産まれてから親にされた数々の辛いことを取っ払ってしまうくらい、

産んでくれたという「愛」は、不動で大きいものだと思います。

 

と書きつつ、

実は私もそこまで考えたことはありませんでした。

 

産まれた時のことなんて、そもそも覚えていませんから(笑)

どうしても記憶にあることに目がいってしまいます。

 

うまくいかない時は、

親のせいにしてしまいたいこともありました。

 

だけど、自分の人生は

自分で選ぶ権利がありますし、自分でしか選べないのです。

 

この世に生を受けたことに心から感謝して、

あとは思うように自分の人生を歩めばいい。

 

私は、そう思います。