読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スピリチュアルナンバー33な生き方~私らしく思うがままに生きること~

誕生数秘術によるエンジェルナンバー33。自称「抑圧された表現者」が魂の伴侶と出逢い、心を解放していくブログ

25年ぶり。人生のキーパーソンとの再会

おはようございます。ゆうです。

 

昨日、私の人生のキーパーソンである高校時代の友人に会いました。

キーパーソンについてはこちら↓

ylifestyle.hatenadiary.jp

 

彼女とは、もともと部活で知り合ったのですが、

高校2年の時、同じクラスになったことがきっかけで仲良くなり、

もうひとりの友人と3人で、おもしろおかしく遊んでいました。

 

それまでの私からは、考えもよらないような行動をとるようになり

ツインの彼と出会うまでの道筋を

彼女が作ってくれたような気がしてなりません。

 

もともとツインの彼のお兄さんと私たち3人が親しくなり、

その後、お兄さんが結婚して、私の実家の近くに住み始めたので、

私は奥さんを始め、一族と繋がっていき(笑)

 

ツインの彼とも、その流れの中で知り合いました。

 

昨日、友人から話を聞いて思い出したことなんですが、

もともと私たち3人+ツインの彼で絡んでいたんですよね。

 

それが、私が彼を好きになっちゃったもんで、

それまでと、少し違う構図になっていったわけです。

 

でも、その部分が、ほんとにすこーんと抜けてて(^^;;;

 

私と彼が離れた後、ふたりの友人経由で

彼の話が聞こえてきた時に

 

自分が蒔いた種にも関わらず、

寂しく感じたのを覚えています。

 

こんなことになるなら、付き合わなきゃよかったかも

 

って思った時期もありました。

 

その後も、ふたりの友人と彼は連絡を取り合ってたみたいで、

特にひとりは彼氏ができた後でも、

ツインの彼が突然連絡したりしていたため

若干迷惑してたと記憶しています(笑)

 

そんな感じだったから、私が昨日、友人に

 

「よく考えたら、私と別れた後で、私の友達に連絡し続けるって

 変な話だよねえ」

 

って言ったら、

 

「だって、もともと3人と彼との付き合いだったじゃん」

 

と言われ。

 

そういえば、そうでした、ごもっとも。

 

と納得したわけです。

 

それに併せて、私が知らない(というか聞いてたけどたぶん忘れてた)

当時の友人と彼との関わりを聞いて、

 

あー、私の思い込みというか、

知らない世界があったんだなあと思いました。

 

なんでも知ってる気でいたんですよね。

 

で、そのことに気づいてから、なんだか少しもやもやして。

今朝になって、もやもやの正体を探ってみました。

 

そうしたら、出てきたのは

孤独、寂しさ、疎外感。

 

あとは、そうですね・・・

罪悪感かな。

 

これまたすっかり忘れてたんだけど、

私の友人と彼が、当時、仲が良かったもんで

友人が彼のことを好きなんじゃないかって

思ってたことがあるみたいなんです。

 

他人事みたいですが(^^;;;

 

友人は、そういう私の気持ちがわかってから、

彼との距離をとるようにしたそうで。

 

その話を聞いた時には、

なんだか申し訳ない気持ちになりました。

 

友人は彼のことを「弟」と呼び(笑)

彼も結構楽しんでたみたいなんですよね。

 

昨日、彼にもろもろ伝えたら、おもしろかったのか、

珍しく何度もメールの返事がきました。

 

私と彼の共通の知人って、本当に限られているので、

とっても貴重な存在なんです。

 

昨日話していて、前世のどこかで、

ほんとにふたりは姉弟だったのかもしれないと思いました。

 

孤独とか寂しさ、疎外感は、別れた後の感情ですね。

 

ツインの彼と友人たちの関係性は変わっていないのに、

そこから外れてしまった自分を思い出したみたいです。

 

だけど、そもそも知らない世界があって当然で、

独占欲の強さが浮き彫りになった形。

 

傲慢だったなあと思いましたし、

妙な嫉妬心で友人を彼から遠ざけるようなことをしなかったら、

違った展開もあったのかもね、と思いました。

 

そんな感情を思い出させてくれた友人には

あらためて感謝。

 

なんだかすっきりしました♡

 

もうね、会いに行く前から、魂が喜びのあまり

感涙してる状態だったんです。

 

彼女のこと、よっぽど好きなんですね(笑)

今回、よーくわかりました。

 

もう話は尽きずで、昨日も帰ってから

メッセンジャーの嵐。

 

彼女も、自立に向かって歩き始めた感じですし、

お互い同じタイミングで魂を磨いていけそうな予感がします。