読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スピリチュアルナンバー33な生き方~私らしく思うがままに生きること~

誕生数秘術によるエンジェルナンバー33。自称「抑圧された表現者」が魂の伴侶と出逢い、心を解放していくブログ

種をまき続ける

こんにちは。ゆうです。

 

本日は、まさにクリぼっち(笑)

なぜか焼き芋を食べています。

 

keikoさんのブログを読んでいて、こんな言葉を見つけました。

ameblo.jp

 

重要なのは、
その場ですぐ形になることではなく、


「ベストタイミングで種をまいておくこと」

 

たしかに、これまでの彼との経緯を考えてみると、

すぐ形になったことって、実はほとんどなかったりします。

 

その時は、ムダだったと思えた動きですら、

すべてつながっている。

 

例えば、分離期間中のことですが、

1度だけ彼に手紙を送ったことがあります。

 

私は、彼に新しい住所も今の姓も告げることなく結婚しましたので、 

彼から私に連絡を入れるということは、人を介さない限り

難しい状況でした。

 

しかも、人を介すって、私の親に聞くとか。

ないですよねえ(笑)

 

そんな中、私が彼の会社宛に送った

業務チックな手紙。

(ちなみに内容は、お歳暮のおすすめでした)

 

しかも、差出人は息子の名前で。

 

会社宛だったから、

私の名前(女性)は、ちょっとまずいかなとも思ったんです。

 

結局、彼からは返事が来なくて。

 

業務チックな手紙ですら無視なんだ、と

勝手にがっかりしたのでした。

 

でもね、結局、この一通の手紙が

約20年後の再会のきっかけになったんです。

 

というのも、今から4年前、

彼がfacebookに登録をして、

友人と一通りつながった後、

一番に検索したのが、私の名前だったそうで。

 

彼から連絡が来た直後は、ほんとに興奮状態で

震えていたのですが、数日経ってから

 

あれ?

そういえば、結婚後の姓って教えてたっけ?

 

私自身は、手紙の記憶すらぶっ飛んでました(笑)

 

彼曰く、あまりにもよそよそしい内容で、

返事を出すのを躊躇しているうちに、

タイミングを逃してしまったんだそうです。

 

その後、地元に帰ってから、

図書館で住所を頼りに電話番号を調べようともしてくれたとか。

 

私は、NTTの電話帳に登録していなかったし、

その頃は海外にいましたから、

どちらにしても無理だったんですけどね。

 

無謀とも思える、思いつきの種まきが

結局は功を奏したのでした。

 

再会してから、その手紙を保管していることも聞いて

ちょっと泣きそうでしたね。

 

 

昨日も、こちらからメールを送る気はなかったのですが、

たまたまweb絵本というものをいただき、

メッセージもつけられるようだったので、

クリスマスだし、送ってみようかなと。

 

どうも、こういう思いつきがいいみたいです。

彼からは夕暮れの写真付きメールが届きました。

 

 

みずほさんのメッセージにもありましたが

sopdet.com

 

3次元にいる以上、行動しないと何も変わらないのです。

 

とはいえ、相手に愛を求め続けるのは、ちょっと違います。

 

種をまき続ける。

自分の魂を磨き続ける。

 

特に種をまくことについては、わかりやすい見返りがないので、

正直、折れそうになることもあります。

 

そもそも、見返り目的だと、うまくいかないですしね。

 

それでも、それでも、進み続けるんです。

 

花開くときに向かって。

 

 

さて、動くかな。

 

風水本を買ったので、参考にしつつ、

今日は家の片づけです(笑)