読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スピリチュアルナンバー33な生き方~私らしく思うがままに生きること~

誕生数秘術によるエンジェルナンバー33。自称「抑圧された表現者」が魂の伴侶と出逢い、心を解放していくブログ

できることに目を向ける

おはようございます。ゆうです。

 

うーん、周りが揺れてます(笑)

 

これまで騙し騙しやってきたのが、

いよいよ向き合わないとダメな感じになってきてますね。

 

私の周りの場合、息子とツインの彼。

 

うちの息子は、おそらく発達障害のグレーゾーンで

幼い頃から、とっても特徴のある子でした。

 

ここにきて、本人もそのことに気づき始めたらしく、

不安に思っているので、相談センターに行くことにしています。

 

私自身は、本人が気づいたということに

大きな成長を感じていて。

 

自分のことを客観視できるようになってきたということでもあるので、

あとは、本人が、どのように周りからサポートを受け、

対処法を学んでいくかだと思っています。

 

ただね、以前から疑問に思っていることがあって。

 

今の世の中の制度って、つくづく大多数に合わせるようにできていて。

規格外な息子は、枠にはめられようとしてできずに注意される。

 

で、もうどうしようもないくらい突き抜けた規格外だったら

うまくいけば、時代の先駆者にもなり得るのですが、

今のところ、そこまで突き抜けてはいないので、

本人も枠にはまろうと苦しむんです。

 

だから、そういう世界からは足を洗ったほうがいいというか。

 

できないことに目を向けて生きていくより、

できることに目を向けて生きていく。

 

みんながみんな、そういうふうに生きていったほうが、

よっぽど幸せだし、調和もとれるんじゃないでしょうか。

 

ツインの彼も、今、似たようなところで

ジレンマを抱えているようで。

 

彼は長年染みついた思考で、

できることよりできないことに目を向けてしまいがち。

 

昨日も、

 

歳をとって、何もできなくなる前に・・・

 

なんてことを言ってきましたから(^^;;;

 

何もできないって、なんだろ。

 

少なくとも、生きていたら息はできる。

 

私は、思うように動けないのが普通だったし、

歩けない時期も経験しているので、

その頃を思ったら、むしろできるようになってるんですよね。

 

歳を重ねることで、身体能力は衰えるだろうけれども、

逆に経験は積み重なっていく。

 

経験だけは減ってはいかないんです。

 

今回の私のテーマは、

 

できないことに目を向けるのではなく、

できることに目を向けるためのサポート?

 

でも、手取り足取りしたとて、自立の妨げになるだけなので、

最小限の必要な言葉だけ投げかけて、あとは見守るだけです。

 

息子はね、案外さらっと乗り越えると思うんですよ。

 

彼の場合は、久々にネガティブモード炸裂ですが(笑)

変わる前の揺れのような気がしますね。

 

毎度毎度、ここで諦めてしまっていた彼が、

今回こそは乗り越えられるかな。

 

私はもう進み始めて、彼を待つために止まることはできないので、

ただただ輝くほうへ身を委ねます。