読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スピリチュアルナンバー33な生き方~私らしく思うがままに生きること~

誕生数秘術によるエンジェルナンバー33。自称「抑圧された表現者」が魂の伴侶と出逢い、心を解放していくブログ

見ているものは、言葉の奥にある何か

こんにちは。ゆうです。

 

仕事に集中しようと思う日に限って、

書きたい衝動に駆られるという、困った状況に陥っています(^^;;;

 

以前、言葉に関するお話をしたことがあります↓

ylifestyle.hatenadiary.jp

 

今、ゴスペルサークルに入っていて、

日々、英語の発音に悩まされているのですが、

昨日、こんなお話を伺いました。

 

もちろん発音に気をつけたほうがいいんだけれど、

実はネイティブですら、何を言っているかわからないと

ダイレクター(指揮者)に指摘されることがある

 

たしかに、歌を聴くときって、

歌詞を聞き取ってないことも多いですよね。

 

英語の歌に関しては特にそう。

 

雰囲気というか、インスピレーションというか

まさに「感じ取っている」状況だと思います。

 

じゃあ、何で伝えるか というと

 

抑揚だったり、強弱だったりするわけです。

 

これもね、

 

はーい、じゃあここは強めに歌って

ここで弱くして

 

みたいな段取り通りに歌うのって

ほんと、つまんない。

 

歌詞の意味をくみ取り、咀嚼して、

自分の気持ちをのせて、心から歌う。

 

文章にしてもそうです。

 

テクニックではない何かが、そこにはあります。

 

だから、借りてきた言葉は意味をなさないんですね。

 

歌にせよ、文章にせよ、

言葉の奥にあるものをつかんで、発信する。

 

受け手は、言葉そのものを受け取るわけではなく、

奥にあるエネルギーを受け取るのです。

 

それでこそ「言霊」が活きてくる。

 

もし、私が英語に堪能だったら、

こういう気づきはなかったかもしれませんね(笑)

 

学生の頃から、一番苦手な教科は英語なんですけど(^^;

なーんかご縁があるようで、常にそういう環境を与えられてます。

 

ゴスペルも、英語で歌うという認識がすこーんと抜けてて

歌いたいという気持ちだけで入って、あわあわ。

 

なんですけども。苦手な発音も頑張ってます。

楽しいから、頑張れます♡

 

ずっと伝えたかった。

ずっと表現したかった。

 

そう、魂が喜んでいるのが、わかるんです。

 

これからも、いろいろな形で

「表現する」「伝える」ということに、

こだわっていきたいと思います。