読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スピリチュアルナンバー33な生き方~私らしく思うがままに生きること~

誕生数秘術によるエンジェルナンバー33。自称「抑圧された表現者」が魂の伴侶と出逢い、心を解放していくブログ

ただひたすら、自由になろう

おはようございます。ゆうです。

 

外は快晴、絶好のデート日和ですが、

今日、明日は、お仕事デーのため、引きこもりでございます(>_<)

 

いや、仕事も楽しいです。ほんとに(笑)

 

で、仕事しないとね、と思いつつ、

朝からゴスペルの曲を歌っていたのですが、

やっぱりいいですね、ゴスペル。

 

賛美の歌なので、

自然と感謝の気持ちが沸き上がってきます。

 

さらに黒人の抑圧からの解放、希望を捨てないこと。

 

歌詞の意味を思えば思うほど、

歌っている自分も解放され、癒されるような気がします。

 

入り込むと、なにかが降りてくるような、

そんな感じです。

 

そういう穏やかな過ごし方をしていて、

昨日思ったこと。

 

やっぱり、彼との出会いも、再会も

私にとっては奇跡だなと。

 

半ば行方知らず状態だった私を探し当ててくれて、

20年ぶりに突然連絡をもらって、

同じ想いだったことを確かめ合えて。

 

その時のことを思い出したら、

なんでも乗り越えられる

 

もう私は十分に満たされている

 

そう思います。

 

そして、彼を自由にすると同時に

私も自由になろう。

 

ツインであることにこだわらず、

縛ることなく、

今したいことを精一杯して、

思うがままに生きていこう。

 

相手を自由にする、ということは

意識できるかもしれないけれど、

 

案外難しいのは、

自分自身を自由にすることかもしれません。

 

概念をすべて取り払うこと。

 

ツインだから、結ばれるとか

なんていうんでしょう、表現するのが難しいのですが、

そう言われているからそうなる、ではなくて、

感じることからの確信だけ。

 

もし、私がツインソウルという言葉を知らなかったとしても、

行きつく先は同じだったような気がするんです。

 

言葉を知ったことで、紐解くことは以前より容易になった分、

加速はしたと思いますが、

 

再会した直後、彼とは、はるか昔に、

ひとつのものだったという言葉が降りてきましたし、

時間はかかったとしても、確信はできていました。

 

信じることは壮大。

愛はとってもシンプル。

 

私自身、まだまだ脱ぎ捨てられるものが、

たくさんありそうです。