読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スピリチュアルナンバー33な生き方~私らしく思うがままに生きること~

誕生数秘術によるエンジェルナンバー33。自称「抑圧された表現者」が魂の伴侶と出逢い、心を解放していくブログ

彼と私、の枠から飛び立つ

こんばんは。ゆうです。

 

昨晩、私が寝た後に、ツインの彼からこんなメールが。

 

> もう50半ばだし、このベースで持つのか心配になってきました。

 

先月は、2日しか休みが取れなかった彼。

 

毎日、仕事から帰るのは、日付が変わるかどうかの時間。

 

体のこともあるし、さすがの私も、安易に

大丈夫大丈夫、とは言えず(^^;

 

本当に休みが取れないのかどうかも、

私にはわからないですからね。

 

結局、少し考えて、

 

> 12月まで突っ走れって感じだけど、

> なんとか休みを取りたいよね。

 

> いい方向に流れていることだけはわかるから、

> あー大丈夫だなって、いつも思う。

 

と返事しました。

 

彼が不安に思っても、私はまったく不安じゃないんですよ。

 

この状況はさほど長くは続かないと思っているし、

彼が自分で、打破していくものだと感じています。

 

さらに言えば、彼自身が会社の体制を変えること。

 

休みが取れないなら、取れるような会社にしていく。

 

それくらいの気概があってこそ、

限りなくブラックに近い企業とわかってて

身を置いている意味があるんじゃないかと思うんです。

 

今より条件のいい転職話もあったのに、断ってますから。

 

ただ、組織を変えるためには、ある程度、

上の立場にならないと難しい面もあるので、

今が踏ん張り時なのかとも思います。

 

彼にはこの話はしてませんけどね。

 

でも、それをやってのけた日には、

 

まー、惚れ直しちゃいますね(笑)

 

 

また、今回のやりとりで、

あらためて気づいたことがあります。

 

今、私は、彼だけを見て、

彼のサポートだけをする

 

のでは、足りないんです。

 

私は、もっと広く、手を伸ばしていく必要がある。

 

むしろ、彼に対しては、軽めでOK。

今、彼は、自分で自立しないといけない時期だから。

 

彼と私、という小さな枠から、

もっともっと広がりをみせて。

 

私が大きく、周りの人に対して愛を注げるようになった時、

会社での役割を成し遂げた彼と協力し合うことができたら。

 

なんだか、思いもよらないことが

できるようになるんじゃないかと思っています。