読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スピリチュアルナンバー33な生き方~私らしく思うがままに生きること~

誕生数秘術によるエンジェルナンバー33。自称「抑圧された表現者」が魂の伴侶と出逢い、心を解放していくブログ

シャーマンの時代

こんにちは。ゆうです。

 

続きまして、最近、私の中で、

待ちぼうけ状態の時の恒例行事となっています妄想劇場(笑)

 

私の場合、ふっとメッセージがおりてくるわけですが。

 

以前にも、遊郭にいたお話をしましたけれども↓

ylifestyle.hatenadiary.jp

 

私の魂は、かなり転生を繰り返している古いもののようで、

(これも自分の感覚です)

 

その記憶や行動が、今につながっていると感じる時があります。

 

昨日感じたことは、

 

祈祷師、シャーマン、巫女、呪術師

 

そのあたりの役割をしていて、

政略的なことに利用される立場。

 

人に会うことは制限されていて、

彼とは、文(ふみ)でのやりとりのみの関係。

 

それ自体も、本来は許されている状態では

なかったようなイメージです。

 

おそらくは、殿さまからの寵愛も

受けていたんじゃないかと(/ω\)

 

あとは、お付き合いしてた頃、

彼の体型とかの記憶はまったくなくて、

目の印象しか残ってないこと。

 

あ、大体の身長とか、細身だったことは

覚えてますけど、

 

1年半付き合っていたのに、

首が長いとか、手が丸っこいとか

まったく知りませんでした(^^;;;

 

たぶん、過去生でも、

目しか見てなかったんじゃないでしょうか。

 

若い頃、彼が私に対して、

人目を気にしながら会っていたり、

あり過ぎるほどの分別で接してきたこと。

 

彼は、私が20歳になったら、結ばれようと考えていたことも

そこに通じるような気がします。

 

そして、いまだに不思議で仕方ないのが

 

「今は我慢するけど、全部、僕のものにするからね」

 

って、若い頃、彼が言ってくれた言葉を

 

まるっきり!

 

あーんど

 

これっぽっちもっ!

 

覚えてないこと(@_@)

 

3年半ほど前、再会した時に、その話をされて、

かなり衝撃的でした。

 

言われた時に、どこか異次元にぶっ飛ばされてたか、

私の中に、記憶されないようなブロックがあったとしか

思えないんですよね(笑)

 

当時、私は彼の気持ちがよくわからなかったので、

その言葉がインプットされていたら、

自分から離れることなんてしなかったと思います。

 

なんだかねー。

 

もはや、笑うしかないですね。

 

私自身、ネット上での仕事が多いこと、

ネット繋がりの友人が多いこと、

しかも、案外、そういう繋がりのほうが深いこと。

 

彼とは、途中ブランクはあったものの

33年の関わりの中で、会った時間というのは

トータル1か月くらいのもので(^^;

 

手紙とかメールとか、顔の見えないところでの

やりとりが非常に多いこと。

 

過去生のせいにして、逃避するのはいまいちですが、

 

起因を紐解くことや

じゃあ、どう乗り越える?って考えるのは楽しいです。

 

しかし、どんどんひとり遊び上手になってるって、

どうなんでしょうね。

 

この際、妄想を書き尽くして、

将来、彼にすべて説明したいと思います(笑)