読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スピリチュアルナンバー33な生き方~私らしく思うがままに生きること~

誕生数秘術によるエンジェルナンバー33。自称「抑圧された表現者」が魂の伴侶と出逢い、心を解放していくブログ

好きなことに没頭する

こんにちは。ゆうです。

 

今日は朝からサークルで、3時間ほど歌ってきました。

 

入り込んで思いっきり歌うと、

泳いだ後のような脱力感があって、気持ちいいですね。

 

我ながら、どこに行っても、新参者とは思えない態度のでかさ。

ここでも、ノリノリで歌っております(笑)

 

好きなことに、ただただ没頭するのって、

無の状態になることができるので、本当におすすめです。

 

ツインのことが頭から離れないで

困っているかたは特に(^^)v

 

私は、ふだんから割と入り込みやすいところがあって、

家事をしている時でも、自分の世界に入ってしまい、

急に声をかけられて驚くとか。

 

昔、ピアノを弾いていた時もそうでした。

 

子どもの頃は、とにかく練習が嫌いで、

そんな私に母は

 

「あんたが習いたいって言ったんでしょうが」

 

・・・って、3歳だか5歳だかの時に言ったことなんて

覚えてるわけないし(^^;;;

 

運悪く、先生もころころと変わっていたので、

落ち着かなかったのも続かなかった原因のような気がします。

 

小学5年生の時、なし崩しでレッスンに行かなくなってしまい

ああ、これで、練習のプレッシャーから逃れられる、

と思っていました。

 

だけど、いざやめると、無性に弾きたくなるもので(笑)

 

その後、楽譜を自分で買い求めては、独学で弾き

結局、高校生になってからレッスン再開。

 

ブランクがあったこともあり、

クラッシックは簡単なものしか弾けないものの

大人になってから、思わぬ楽しみを見いだすことができました。

 

それは、息子のピアノの先生を探していた時のこと。

 

友人に紹介してもらったものの、

息子と先生の相性がまったく合わず、

 

それなら私が習おうかな~♪

 

と、何の気なしに言ったら、実現してしまいまして(笑)

 

この先生が、ほんとに大当たりでした。

私にとってのピアノの師は、このかたしかいらっしゃらないですね。

 

何が良かったかというと、

初見の時、まずはイメージから入るんです。

 

情景を思い浮かべるとか。

静かな海、波の音、染み入るような感じ・・・などなど。

 

そして弾き始める。

 

イメージを音で表現することのおもしろさや

楽しさを初めて知りました。

 

それもこれも、子どもの時に

ある程度弾けるようになっていたから

というのもありますが、

 

逆に、子どもの時には、こんな表現はできなかったと思います。

 

歌でも、技術的にすごく上手ではないけれど、

味のある歌い方をする人っていらっしゃいますよね。

 

その人の人生を、歌で奏でる感じでしょうか。

 

そういう意味でも、年を重ねるのは素晴らしいし、

深みのある人間になりたいと常々思っています。

 

特別なことはなくても、すごいことができなくても

そのままで、みんなオリジナリティあふれる存在。

 

そのことに気づけたら、

もっと生きやすくなるんじゃないかと思います。